ICT×観光

  1. 食、温泉、酒、アニメ……「テーマ別観光」を促進し、地方誘客を図る取り組み

    ■観光庁が「テーマ別観光による地方誘客事業」で17件を選定訪日外国人は増加傾向にあり、日本経済の活性化の一翼を担うことが期待されています。2017年の訪日外…

  2. セキュリティーに配慮したサービスの普及を――総務省「公衆無線LANセキュリティ分科会」が促す公衆Wi…

    ■公衆Wi-Fiは、観光・防災など街づくりに不可欠な社会基盤観光や防災の観点から普及が進んでいる公衆Wi-Fiですが、提供されているサービスの中にはセキュリ…

  3. 公衆無線LANがたくさんあって認証が面倒?――サービスを相互接続する取り組み「Wi-Cert」

    ■全国各地、それぞれの名称で展開される公衆無線LANサービス来訪者の利便性向上や災害時の通信手段確保などを目的に環境整備が進んでいる公衆無線LAN(公衆Wi…

  4. 米国はアジア4国に次ぐ訪日数。日本食が人気、日本文化にも関心――北米・豪州からの訪日

    ■欧州地域よりも訪日における構成比の高い北米豪。3国とも1人当たりの旅行支出は平均以上これまで、東アジア、東南アジア、欧州の国々の訪日の状況や傾向についてみ…

  5. 100年を超えて日本のインバウンド事業に取り組み続ける――JTB様インタビュー

    日本は今、国をあげて観光立国を目指しており、訪日外国人が増加し続けています。これまで、訪日外国人の動向について、観光庁などの発表資料をもとに紹介してきました…

  6. 訪日時の支出が高額。うかがえる「コト消費」志向――ヨーロッパ地域の訪日外国人の傾向

    ■訪日数全体に占める割合は低いが、1人当たりの旅行支出はどの国も高額――ヨーロッパ地域の訪日状況前回までに、東アジア、東南アジアの国々の訪日の状況や傾向につ…

  7. ベトナムは1人当たりの旅行支出トップ。インバウンドの伸びが期待される東南アジア地域の訪日外国人の傾向…

    ■タイは訪日外国人数、旅行消費額とも6位――東南アジア地域の訪日状況前回の記事では、東アジアの国々の訪日旅行者数、消費額などについてお伝えしました。今回は東…

  8. 訪日の多くを占める中国、韓国、台湾、香港。その規模と訪日時に表れる志向とは?

    ■訪日旅行者数、消費額とも全体の約8割を占める上位5位のうち、4国が東アジア地域訪日外国人が増加し続けている現在、その消費行動や滞在中の動向を知り、そのニー…

  9. 訪日外国人の意向や消費行動を知り、ニーズを把握しよう

    ■2016年より速いペースで2,000万人を突破。増加を続ける訪日外国人日本はいま「観光立国」を目指しており、積極的に外国人旅行客を誘致しています。訪日外国…

  10. 訪日外国人誘客だけじゃない、お店へのWi-Fi導入メリット

    Wi-Fi環境整備が導入店舗にもたらすメリットとは最近、飲食店などの店舗で、「Wi-Fi使えます」のステッカーが貼られているのをよく見かけるようになりました…

最近の記事

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP