イベント

「ハードディスクのゆりかごから墓場までを担う」――バッファロー データ復旧事業参入説明会・見学会レポート

外付けハードディスクのデータが読み込まない、もしくは消えてしまった。長期間ハードディスクを利用していると、そんな経験をすることがあります。いまやハードディスク利用は日常生活に欠かせません。近年では、TB(テラバイト)を超える大容量ハードディスクの登場により、1台あたりのデータ保有量は飛躍的に向上しました。あらゆる記録の集約が可能になった反面、故障時にそれらがすべて失われてしまうリスクもあります。また、修理やデータ復旧にかかる費用も問題です。

バッファローは2017年5月から、ハードディスク、SSDやカードメディアなどのデータ復旧事業に参入しました。6月2日に催された参入説明会と見学会を開催しましたので、その模様をお伝えします。

販売・製造会社が自らデータ復旧事業へ参入

 

バッファロー東京支店で行われた「データ復旧事業参入 説明会・見学会」では、事業を統括する株式会社メルコホールディングス専務取締役の斉木邦明、事業を担当する株式会社バッファロー取締役データストレージソリューション事業部長の和田学、そしてデータ復旧のエキスパートとして監修を務めるアドバンスデザイン株式会社会長の本田正、3名がそれぞれの立場からプレゼンテーションしました。

ユーザーの安心感と信頼性をさらに高めたい―メルコホールディングス専務取締役 斉木

最初に登壇した斉木は、データ復旧事業の需要は以前から感じながらも、業界全体が伸び盛りであったハードディスク開発・販売事業が熾烈な競争状態にあったため、敢えて「見過ごしてきた」と語りました。しかし競争が落ち着いてきた今、外付けハードディスクのシェアNo.1を獲得している立場として、ユーザーに付加価値を提供していくことの重要性を認識。データ復旧事業は、製品に付加価値をつけるひとつの手段であり、ユーザーの安心感と信頼性をさらに高めていくものにしたいと参入意図について説明しました。

 


斉木は、データ復旧事業は、「顧客志向」という企業理念にもう一度立ち返ることでもある、と説明

ハードディスクの「ゆりかごから墓場まで」を担う―バッファロー取締役 和田

事業内容に関しては、データストレージソリューション事業部長を務める和田が発表。ハードディスクの大容量化が進む一方で、その正常稼働率は4年目以降から下がり、6年目には約半数に異常が発生するといいます(2014年のデータでは、ハードディスクの復旧依頼は8万件、そのうち1.5万件が復旧できず、データ消失の憂き目に)。

こうしたデータ消失リスクの重大さから、ハードディスクの開発・販売だけでなく、故障時のデータ復旧やその廃棄までを担う「ゆりかごから墓場まで」の対応が今後の事業にとって重要だと和田は説明。データ復旧事業を1995年から行っているアドバンスデザインと提携して、自社オリジナルのデータ復旧体制を確立したと説明しました。製造・販売だけでなく、データ復旧から消去や故障機器の廃棄までを完結できるようになった形になります。

  • 保証期間内のハードディスクは無償対応(※軽度論理障害の場合)
  • 障害レベルや内容に応じた固定料金制度の採用
  • 「復旧センター」への直接持ち込みに対応
  • 診断・見積もりは無料

が挙げられます。

今後の目標として、現在は東名阪に開設したサービス拠点「復旧センター」のさらなる拠点の拡大、クラウドサーバーなどの復旧、データ消去・廃棄依頼への対応などが挙げられました。他社製品のデータ復旧に関しても視野に入れているとのことです。


和田はハードディスクのデータ消失状況について説明し、「データ消失は思い出の消失であり、それを防ぐのがバッファローの役割」と語った


6年目までのハードディスク稼働率を調査したデータ。4年目に80%を割り込むと、以降はその正常稼働率が大きく下がる

データ復旧における“口うるさい医者”として―アドバンスデザイン会長 本田

最後は、データ復旧事業に協力しているアドバンスデザインの創業者、本田が登壇。アドバンスデザインは、日本でいち早くデータ復旧事業を立ち上げた先駆け的存在であり、現在もPCやスマホ、サーバーも含めたオールメディアの復旧業務に携わっています。

今回の協業に関して本田は、バッファロー社内の復旧センターで解決できない中度~重度の物理障害レベルにあるハードディスクを預かり、自社工場で復旧を担っていると説明。また、20年以上データ復旧事業に関わってきた立場から「口うるさい医者」として、助言を続けていくと語りました。


本田は、アドバンスデザインの復旧技術の特徴として、ファイルシステムの破損や誤操作による削除といった「論理障害」だけでなく、メディア本体や読み込みヘッド故障など「物理障害」に強いことも挙げた

サービス開始からの受付件数はすでに3桁超

プレゼンテーション後の質疑応答では、料金体系や現在の受注状況について質問がありました。固定料金制にしたことに関して和田は、「データ復旧サービスは申込件数に対して成約率が低い。それは料金体系が不明瞭であり、かつ顧客にとって想像以上に料金が高いことが原因。事実、事前に料金が把握できる固定料金制にしたことで、受付の6割が成約まで至っている」と説明。サービス開始からの実数については「すでに3桁を超えており、70~80件は復旧が完了した状態」と回答しました。

斉木は、データ復旧における業界全体の流れを説明。その中で「復旧サービスの問い合わせのうち、じつは半分はテレビ録画データ。しかしコピーワンスの規制があり、復旧は法律的に禁じられている状態。こちらの復旧については今後テレビメーカーにも協力を仰いでいきたい」と述べました。

復旧センターで実際のフローに則ったデモンストレーションを体験

サービス開始にあたり設立された復旧センターでは、すでにデータ復旧用の設備がフル稼働している状態です。復旧にあたっては、受付→ハードディスク取り出し→状態初期診断→クローニング(※顧客のハードディスクと同じ状況のクローンハードディスクを作成。こちらでデータ抽出の作業を行う)→データ抽出→データ復旧という流れを経る形になります。これらはすべて専門の技術者によって行われ、論理障害レベルであれば1~3日で復旧作業が完了するとのことです。


データ復旧センターで行っているハードディスクの取り出し作業。静電気やホコリに細心の注意を払う


データのクローニング作業。不具合のあるハードディスクのデータを、新しいハードディスクにコピー。新しいハードディスクでデータ復旧、取り出しを行う


データ抽出の作業中。軽度障害であれば復旧センターで対応

データ復旧サービスはあらゆるメディアに対応

説明会の後にはデータ復旧サービスの対象製品とそのシステムを、展示された対象商品を見ながら改めて紹介。同サービスでは、ハードディスク、SSD、USBメモリーだけでなく、SDカードや光メディア(※)といったあらゆるメディアを対象商品としているのが特徴です。論理障害(ハードディスク内のファイルシステム、ファイル情報等のデータが壊れる症状)/物理障害(ハードディスクそのものが壊れる症状)というタイプの異なる障害に対し、3段階の障害レベルでメディア別に価格設定がされています。中でもハードディスクはデータ容量ではなく搭載するドライブ数によって価格設定されており、料金には復旧時のメディア代(外付けHDD等)も含まれています。

※当社製ブルーレイ・DVDドライブで使用してデータを保存した光メディアが対象です。


説明会会場に展示されていた対象製品。展示左奥から時計回りに、外付け・内蔵ハードディスク/NAS(1ドライブ)、外付け・内蔵ハードディスク/NAS(2ドライブ)、外付け・内蔵ハードディスク/NAS(4ドライブ)、SSD、おもいでばこ(デジタルフォトアルバム)、光メディア(ブルーレイ、DVD)、USBメモリー、SDカード。複数のドライブが搭載された大容量ハードディスクやSSDのほか、SDカードやバッファローが販売するデジタルフォトアルバム「おもいでばこ」など家庭向け・個人向け商品も1台から対応する

ハードディスクやSSDなど記録メディアはすでにビジネスや生活に根づいたものとなっています。故障時のハードルが高いのが運用時のネックであり、基本的にはバックアップコピーを日々作成しておくのが最大のリスク回避と言えるでしょう。しかし、ビジネス以外でそうした対策をされているケースは稀です。そこで、たとえ保証期間を過ぎた後でも、製造製品のトラブルを自社で責任を持ってサポートすることは、ユーザーの皆さまの安心感、信頼感に繋がるとバッファローは考えています。今後、こうした対応がこの業界をリードし、よりユーザーの皆さまの目線に立ったきめ細やかなサービスが普及していくことを願っています。

関連リンク

 

関連記事

  1. ICT教育

    【文教編】1人1台タブレット授業のデータ通信も安定、もっとスムーズに ——「文教・観光向け新製品紹介…

    11月25日、バッファロー本社にて法人様向け新製品紹介セミナーを開催し…

  2. イベント

    WXR-2533DHP2ポッキースタンドを作ってみた。

    今日は11月11日、ポッキー&プリッツの日。バッファローFaceb…

  3. ICT教育

    学校の無線LAN整備は、より実際的な課題に向き合うステージに――EDIXレポート

    2017年5月17日~19日の3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト…

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP