ICT教育

「ICTを活用する」ではなく「授業のなかで活用する」という視点の重要性――望月陽一郎先生インタビュー

これまで、教育現場のICT化について、国が考えるICTを利活用した教育の未来像や、ICT利活用教育の先行事例などを連載で紹介してきましたが、現状まだICT利活用教育の普及の途上と言えます。教育現場の先生方はどんな考えや想いを持ち、今後を展望しているのでしょう。
今回は、大分県の中学校で積極的にICTを活用した授業を手がけ、DiTT(一般社団法人デジタル教科書教材協議会)サイトで、その実践的な授業の事例も数多く紹介されている望月陽一郎先生にお話をうかがいました。


望月陽一郎先生プロフィール
大分県大分市出身、在住。大分市立野津原中学校理科教諭および教務主任。DiTT(一般社団法人デジタル教科書教材協議会) 先導先生。Apple Teacher。
80年代から教職に就き(理科担当)、大分県教育センターに勤務したのち再び教職に。教育実習の時から取り組んでいたという授業でのICT活用に積極的に取り組んでいる。
<参考ページ>
Facebookページ
DiTT 一般社団法人デジタル教科書教材協議会 先導先生


今回のインタビューのきっかけになったのはFacebook。望月先生は、この「B-o-T」やFacebookページ「バッファロー リアルデジタルライフ」をご覧になり、Facebookページでは「いいね!」やコメントを多くくださいました。コメントの多くが知見に富んだ印象であり、実際にメッセージもやり取りさせていただいた中、インタビューの場を設けさせていただきました。

■中学校教員になって以降、デジタル教材を作って授業。天気予測の実習も

――1980年代から教育のICT化に取り組まれてきたかと思いますが、いつ頃どういう経緯でICTに関わり始めたのでしょう。先生になられてすぐに教育現場でのICT活用をされていたのでしょうか。

1984年頃からデジタル教材で授業していた記憶があります。大学時代の教育実習で、コンピューターを使った実習授業に取り組みました。その頃は、教えてくれる人もいなかったため、マニュアルをみたりプログラムを自分で作ったりしていましたね。
その後中学校で理科を教えるようになってから、すぐに自分でデジタル教材を作って授業で活用していました。90年代前半から学校では「コンピューター室」が設置され始めましたが、理科室にはなかったため、ノートPCとプロジェクターを持ち込んで使っていました。
1994年頃には、ひまわりの衛星画像を購入し(当時は有料でした)、それを組み合わせた動画教材を作成し、子供たちが計測したデータをExcelでグラフ化し、特徴とあわせて考察し次の日の天気を予測させるという授業をしたのを覚えています。まだ「パソコン通信」の時代です。また、カシオQV-10を使って実物投影機にしていましたね。理科の実験を見せるのに必要でしたから。
その後大分県教育センターに異動し、デジタル教材、プログラミング、ネットワーク、データベースなどに関する先生方向けの情報教育研修を担当しました。

――すごい。パソコンやインターネットが一般的ではない頃から取り組まれていたのですね。

■「授業づくり」がキーワード。「ICT活用」ではなく「授業のなかで活用」がポイント

――教育現場の今後のICT利活用についてお聞かせください。先ほど、80年代から取り組まれていた先進的な授業の内容もお教えいただきましたが、先生みなさんが取り組むのも大変そうです。全国の学校でICTを活用した教育が実現されるようになるにはどんなハードルがあるとお思いですか。

望月先生:学校にはまだまだ活用環境が少ないのです。例えば、生徒が1000人近くいる学校でも、タブレット端末が10台だったりします。予算の関係でしかたないのですけど、先生の数より少ないため、「活用してください」とは言いにくい状況でした。先生1人1台端末にもまだなっていません。タブレットだけあっても授業はできませんよね。映す設備(テレビ)がないと。実際どうしているかというと、授業する教室に教科担当の先生がタブレットとプロジェクターを持っていって、つないで、授業が終わったら、外して次のクラスに持っていっています。毎時間接続・片づけをするのはハードルが高いですね。

もし、全教室にテレビやプロジェクターが常設してあってWi-Fiが完備され、教室のどこからでも無線投影して授業できる状況になれば、先生方のICT利活用率はかなり上がると思います。そうなれば、ICTをこんな風に使えるのではないか、こう使いたいという発想もどんどん湧いてくると思うのですね。そこをクリアできていないと、「生徒1人1台端末」以前の問題ではないかなと思います。今話題となっているデジタル教科書ですが、デジタル教科書だけ予算がついても、さらに端末や通信環境、回線なども用意する必要があります。紙の教科書のほうが安く済むということになる気がしますね。

――その現状からしますと、総務省や文科省が提示したICTのビジョンもありますが、まず直近の節目である2020年の目標に向けても課題は多そうです。

望月先生:周りを見ても先生方のICTを活用する技術は以前とは比べ相当あがっています。授業では若い先生よりも年配の先生がICT活用しているケースが多いですね。理由としては、「授業づくり」の経験の蓄積があるからアイデアが豊富なのです。
「授業づくり」というキーワードがポイントだと思います。「ICTを活用する」のが目的ではなく「授業のなかでICTを活用する」という視点です。そうでないと「ICTを使う」ありきになってしまいますから。
しかし、実際には使う環境がまだまだ整っていないため、先生たちのICT活用スキルがまだまだ低いといった記事などをときどき見かけますが、環境が常設でなければ使いようがありません。学校では工夫して予算を捻出し設備を充実させICTを活用した授業を行う先生が増えるように努力しています。

■ICT、「使う」ありきではなく「授業づくり」がポイント

――大きい後押しがないと全体的な環境整備の実現は厳しそうに思えますね……。

全国一律で整備が進むといいですね。本当は、例えば2020年の理想像に向け、そのための環境が整っていれば、「どんどん活用してください」と言うと思います。環境整備には、一旦設備を揃えた後数年ごとの更新も必要ですから、かなり見通しをもっていかなければなりませんね。
現状は学校や個人がその状況のなかで、「できる範囲内でICTの利活用を広げていく」活動をしているというのが現状だと思います。

■Facebook一問一答。デジタル教科書は指導者用と学習者用に分けて論じられるべき?

――ここで、Facebookにいただいたコメントをいくつかピックアップさせてください。いただいたコメントの内容をみると、学校教諭のお立場からの提言や、啓発的なご指摘が多く、貴重で有益だと感じていました。実際にいただいたコメントについて、一問一答の形でその真意などをお聞きできればと思います。

1:「教育現場へのICT導入の障壁とは」のFacebook投稿について。「指導者用と学習者用に分けて論ずると、さらにわかりやすくなりますね」といただきました。

望月先生:同じデジタル教科書でも、「指導者用デジタル教科書」は徐々に広がりつつありますが「学習用デジタル教科書」はまだほとんどみかけません。デジタル教科書も「教科用図書」として使用・併用を認められるようになりましたので、今後使われるようになることを考えると、先生が授業で提示するのに使う「指導者用デジタル教科書」と子供たちが使う「学習者用デジタル教科書」をきちんと分けて考えないといけないと思います。

子供たちが「学習者用デジタル教科書」を使う場合、インストール・利用する端末がないといけません。そしてその前に、「指導者用デジタル教科書」の整備が必要です。段階を経ていくことが必要ですね。

2:タブレットや電子黒板を活用し、動画やスライドなど動きがある授業の事例を紹介した投稿について。「動きがあるからわかりやすくなるとは限りません。すぐに切り替わる画面は、記憶に残りにくい」といったご意見をいただきました。

望月先生:「デジタル教材」作成の研修をしていた頃から先生方に話してきたことですが、「提示するものは画面からすぐ消えるもの」であるということです。画面が切り替わったらついていけないことはよくあります。ついていけないだけでなく、画面から消えたものは頭に残りにくい。「さっきスライドにあったけど覚えていますか?」と尋ねてみると覚えていないことが多いのです。だから、板書(黒板に書いて残すもの)と提示(その場で見るだけのもの)のバランスが大切です。

3:「「防災等に資するWi-Fi環境」 をきっかけとした学校へのICT普及」について。「フリーWi-Fiと普段の教育系ネットワークを「切替」るしくみがポイントですね」とのコメントをいただきました。

望月先生:地震など災害時のWi-Fi環境の話ですが、学校の教育ネットワークは個人情報を扱うため、平常時はセキュリティーを高めにする必要があります。閲覧に制限をかけてアクセスできる端末も限定し、外部から侵入できないようにします。フリーWi-Fiは防災観点で望ましいでしょうが、両立が難しいものだと思います。

■お教えいただいた現状で、最後にバッファローをはじめとするメーカーに期待することは何でしょうか。

望月先生:いろんなメーカーさんが学校を訪ねてきて、実際にどう使われているか見にくる機会が多くあります。使いやすい製品をもっとつくっていただくためにも、実際に学校に来てアイデアを集めていくと、さらに学校現場・子供たちに寄り添ったものができてくるのではないでしょうか。最近校務支援システムも話題になっていますが、現場まで見に来てくれているところのものは使いやすいことが多いですね。

――貴重なお話、ありがとうございました。

関連記事

  1. ICT教育

    教育現場へのICT導入の障壁とは【シリーズ「国が推進するICT環境の整備。ICTで子どもの教育はどう…

    ■デジタル教科書の積極的な推進は困難?その理由とは“デジタル教科書…

  2. ICT教育

    教育/学校関連ネットワークのセキュリティーと無線LAN普及

    ICT化が進む教育機関の「セキュリティー対策」学校などの教育機関は…

  3. ICT教育

    ICTを取り入れた授業の事例【シリーズ「国が推進するICT環境の整備。ICTで子どもの教育はどう変わ…

    シリーズ前回 第2回「日本が考えるICT教育って? 」は、「ICT教育…

  4. インタビュー

    ルーター芸人は天才ハッカー? それともアーティスト?

    「ルーター芸人」の子ども時代――末田さんはどんな子ども時代を過ごし…

  5. ICT教育

    学校の無線LAN整備は、より実際的な課題に向き合うステージに――EDIXレポート

    2017年5月17日~19日の3日間、東京国際展示場(東京ビッグサイト…

最近の記事

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP