レビュー

ロボット掃除機ルンバをWi-Fiにつないでお掃除の見える化を実現

こんにちは。カメラマンの早川です。テレビやエアコンなど、ここ数年で家電のWi-Fi対応状況は凄まじい勢いで進んでいますが、とうとう掃除機までWi-Fiでつながるようになりました。
みなさんもご存知のiRobot社のロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」がついにWi-Fi対応!ということで、さっそく使ってみました。

今回は数あるルンバの機種の中で、機能など一番多くのことができるルンバの最高峰「ルンバ980」を使ってみました。Wi-Fiに接続することで、掃除の開始時間をタイマーで設定できたり、部屋のどこを掃除してくれたかをスマホで確認ができるなど、まさに未来のロボットのようなことができるようになります。
※Wi-Fiに接続してできる内容は機種によって異なります。

▼ルンバ900シリーズ


8月には最新機種の「ルンバ890」「ルンバ690」も登場。ふたつともWi-Fi対応です。それぞれできることなどが異なるので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

▼ルンバ890、ルンバ690

 

まずはアプリをダウンロード

新しいものが届くと、とりあえず中のものを全部箱から出したくなりますが、ちょっと我慢してまずはスマホ用アプリをダウンロードしましょう。私は、全部箱から出してしまったのですが、これがまた今時の家電はアプリを起動すると、設置の仕方から設定の仕方まで懇切丁寧にガイドしてくれます。ぶっちゃけ、箱の中で説明書を探すより全然楽です(笑)。
iPhoneの場合はApp Storeで「irobot」で検索して「iRobot HOME」というアプリをダウンロードします。次にアプリを起動して、画面に従って設定を行います。

「iRobot HOME」アプリで、ルンバをWi-Fiに接続する

ルンバのWi-Fi設定を行う前に、スマホのWi-Fiが2.4GHz帯につながっていることを確認します。ルンバは5GHz帯に対応していないので、「Wi-Fiにつながらない!」というアクシデントが起きます。バッファロー製の最近のWi-Fiルーターなら、SSID(スマホのWi-Fi画面でリストに表示される英数字)がわかりやすく表示されます。2.4GHz帯なら「Buffalo-G-****」、5GHz帯なら「Buffalo-A-****」で真ん中の「G」と「A」で判別可能です。Aにつながっている場合は、スマホを一時的にGのWi-Fiに設定してあげて、この先の手順を進めてください。
その後、手順に沿って設定を進めると、Wi-Fi接続の設定画面が表示されます。ステップ2でWi-Fiルーターに記載されているパスワード(バッファロー製のWi-Fiルーターなら、本体裏面や底面ステッカーの「Key」の横に記載されている英数字)を間違えないように入力します。

ステップ3に進んだら、ルンバの「CLEAN」ボタンの左右にあるボタンを、Wi-Fiのマークが点灯するまで同時に長押しします。

ルンバとスマホをWi-Fiで接続する

次にルンバとスマホを直接Wi-Fiで接続します。スマホのWi-Fi設定画面を開いて、「Roomba_********」というSSIDを選択します。接続が完了したら次のステップに進みます。

ルンバに名前をつける

ルンバとスマホを接続したら、「iRobot HOME」アプリの画面に戻り、ネットワークの設定を完了させます。Wi-Fiの設定が完了すると、ルンバのカスタマイズが可能になります。
なんと、ロボット掃除機に命名できるんです。親しみを込めて、名前は「るんるん」に決定。ちなみに誕生日も設定することができるんです。なんだか家族が増えたようでうれしくなります。

「るんるん」の働きっぷりをアプリで確認できる

るんるんをWi-Fiに接続すると、彼?(彼女?)がどれくらいしっかり掃除してくれているのかを「iRobot HOME」アプリで確認することができます。なんと43分もかけて22平方メートルを掃除してくれていました。さらにどこを掃除したのか部屋のマップを作ってお知らせしてくれます。これを毎日繰り返している「るんるん」には頭が下がりますね(笑)。

もともと我が家では少し前のルンバを使っていたのですが、基本的には外出中に動いているためどれくらいの時間をかけて掃除しているのか知りませんでした。見える化をして、るんるんが健気に頑張っていると思うと愛着も湧きます。どこを掃除してくれたのかも分かって安心ですよね。

Wi-Fiに接続することで、普通の掃除機ではできなかったことがたくさんできるようになりました。未来のような話ですが、Wi-Fiとルンバがあれば、皆さんのお住いにも今体験できてしまいます。未来の先どりはいかがですか?

ルンバは公式サイトから15日間レンタルもできます。今回ご紹介した「ルンバ980」もレンタルすることができますよ。実際に自宅で試すことができるので、購入をご検討の方にはうれしいサービスですね。

▼ロボット掃除機ルンバのレンタルサービス

▼ロボット掃除機ルンバ公式サイト

関連記事

  1. レビュー

    お古のiPhone 4Sをネットワークカメラがわりにして、金魚の様子を見られるようにしてみました。

    こんにちは、カワウソ大好きおいでです。(※編集注:いつも記事をお届…

  2. レビュー

    ビデオテープの動画をデジタル化していつでもテレビで楽しめるようにする

    こんにちは、カメラマンの早川です。前回に続いて、よく一緒に仕事…

  3. レビュー

    「Surface Pro 4」でもバスパワーで使えるDVDドライブなら新幹線で移動中に映画を楽しめる…

    こんにちは、カメラマンの早川です。出張の移動は新幹線がほとんど…

  4. レビュー

    自動で機器を判別するUSB充電器でAndroidスマホも急速充電できました

    こんにちは、カメラマンの早川です。今まで、Androidのスマ…

  5. レビュー

    ケーブルの違いで充電時間が本当に違うの? 検証してみました。

    スマートフォンのアクセサリーの中でも必須ともいえるアクセサリーは充電ケ…

  6. レビュー

    カラーバリエーションだけじゃない! ノック式USBメモリー「RUF3-KS」

    今回ご紹介するUSBメモリー「RUF3-KS」は、機能性はもちろんのこ…

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP