Tips

ネットワークハードディスク(NAS)とは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】

NASとはNetwork Attached Storageの略で、ハードディスクの一種です。ネットワークを介して接続できるのが特徴で、例えば前回解説した外付けハードディスクは、USBやThunderboltなどの外部接続端子を使ってパソコンに直接接続しますが、NASはネットワークを使って接続します。

ネットワーク内でデータを共有できる――NASのメリット

NASは、パソコンとネットワークを使って接続されるハードディスクです。USBなどで接続する外付けハードディスクと違ってネットワーク上にあるため、ハードディスクに保存されたデータを他のパソコンで扱うために使用するパソコンにいちいちつなぎ変える必要がありません。ネットワークを使って複数のパソコンを同時に利用している自宅や複数人で作業するオフィスではとても便利です。家電に対応するタイプではテレビやハードディスクレコーダーの動画をダビングして、他の端末から再生できるものもあります。
また、外部からインターネットを通じてNASにアクセスできるものが最近は一般的で、さらに、スマホ、タブレットなど記憶容量の少ない機器の外部ストレージとして利用できる機能を持つものもあるので、写真をたくさん撮って容量が足りないという人は便利に活用できます。

家電のデータを取り込んで利用したり、スマホやタブレットが接続できるのもNASの特徴の一つです

NASの最大の特徴はデータ共有

NASは複数のパソコン間のデータ共有、データの一元管理が可能になるので、社内で使うファイルサーバーなどに便利です。今では家庭でも、パソコンやスマートフォンなど端末が複数あるのが一般的になってきており、家庭での利用も多くなっています。
「ネットワークを利用してデータを保存する」という意味では、DropboxやGoogle Driveなどのクラウドで提供されるストレージサービスがありますが、これらは無料で使える容量は少なく、NASと同程度の容量のストレージを使うためには月額などで維持費を支払う必要があります。また転送できるデータもサイズやファイル形式によって制限があります。

NAS その正体は実はパソコン

NASの製品構成を見ると、ハードディスクケースの中にネットワークに接続してハードディスクを読み書きするためのコントローラーがセットになっています。コントローラーにはCPUが搭載されていて、様々な機能を動かすためのシステムも入っており、内容的にはほぼパソコンと同じものと考えてよいでしょう。ただ、通常のパソコンのようにディスプレイを用意したりキーボードなどを接続したりする必要がないため、システムは必要なものだけに簡略化されています。

NASの法人向けのモデルでは、複数のハードディスクを搭載して「RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)」と呼ばれる機能を備えているものがほとんどです。RAIDにはモードに寄っていくつかの特色がありますが、例えばハードディスクのデータを二重化(ミラーリング処理)する機能があり、一つのハードディスクが途中で壊れてしまってももう一つのハードディスクに切り替えることで同じデータを利用できるため、保存中のデータの安全性が高くなります。

ミラーリング処理を行う方法をRAID 1といいます。大抵の2ドライブモデルのNASの荷時はこの設定になっています

ネットワークに接続しないと使えない-――NASのデメリット

NASはネットワーク上の機器なので、ネットワークに接続できないと利用できません。例えば、自宅内、オフィス内のネットワークに不具合が発生したときはアクセスできなくなって困ることもあります。

またネットワーク上で共有できるというメリットは、同時にデメリットにもなり得ます。NASはフォルダーにアクセス権を設定でき、アクセスする人を制限することができます。NASに対して正しい共有設定を行なっていないと、共有してはいけないファイルに他の人がアクセスできてしまうかもしれません。NASを複数人で使う場合に自分のファイルを置く場合は専用のフォルダーを作り、アクセスできる人を正しく制限する必要があります。利用者全員で利用するフォルダーと自分専用のフォルダーを分けて指定するなど、工夫するようにしましょう。
外部からインターネット越しにNASにアクセスできるというメリットも、間違った設定をしてしまうと危険です。誰もが外部からNASにアクセスすることができるようになってしまうと情報漏洩の危険があります。外部からアクセスする必要がない場合は最初からその機能を利用しないなど、運用に注意しましょう。

もちろん、NASの中身はハードディスクなので、前回の注意点と同じく、アクセスランプがついているときにはむやみな抜き差しや、電源のオンオフをしないのが原則です。ハードディスクは振動に弱い消耗品です。調子が悪いと感じたら早めに利用を中止し、バックアップを取ってハードディスクを交換する方が良いでしょう。もしNASがハードディスク2台構成で、ミラーリング設定で運用されていれば、調子の悪くなった方のハードディスクを交換するだけでOKです。バッファローの法人向けモデルでは、電源をオンにしたままハードディスクを交換できる「ホットスワップ」に対応したモデルもあります。

法人向けモデルでは壊れたハードディスクを電源が入ったまま交換できるホットスワップに対応しています

「データが消えた?」と思ってもあきらめる前に「データ復旧サービス」

バッファローのNASなら、もしハードディスクの故障によりデータが読み取れなくなった場合、バッファローのNASならデータ復旧サービスも利用可能です。「パソコンを使用していたら大切なデータが消えてしまった」「記録メディアが故障して大切なデータが取り出せなくなった」など、記録メディアのトラブルの際に役立てていただけるサービスです。大切なデータを失わないために、まずバックアップをすることが第一ですが、万一の際のご相談先としておまかせください。

関連記事

  1. Tips

    スマホに掛かるお金、節約のために見直したポイント

    通信費が家計を圧迫していませんか?大して無駄遣いをしているわけでも…

  2. Tips

    アクセスガイド設定で、広告やホームボタンを押せないようにて娘の誤操作問題を解決しました

    こんにちは。カメラマンの早川です。どこの家庭でも当たり前の光景…

  3. Tips

    子どもが持ち帰るプリントや作品をデジタル化で整理、家族で共有してみる

    我が家の奥様はパソコンやスマートフォンなど、デジタル系がちょっと苦手で…

  4. Tips

    外付けハードディスクとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・…

    記録メディアと聞いて最初に思い浮かぶのは、やはりハードディスクドライブ…

  5. Tips

    家で車でアウトドアで、ニンテンドースイッチを充電してみる

    こんにちは。カメラマンの早川です。子どもたちは夏休み終盤。今年は仕…

  6. Tips

    HuluやNetflix、Amazonプライムビデオ……話題の動画配信サービスを家族で楽しむためのW…

    映画やドラマが大好きなのに、パソコンやネットなどのデジタル系が苦手な我…

最近の記事

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP