Tips

光回線とWi-Fiでパケ代が節約できるかも

増え続けるデータ量に対策はあるのか?

今はスマートフォンがあればインターネットに気軽に繋げられて便利になりました。以前は、インターネットは基本的に家庭の電話線を使って繋いでいたので屋外でインターネットに繋ぐのも大変。その代り、家庭内でのネット利用は固定料金で安かったのですが、スマホだと、楽に繋げられる分、データ通信料の心配も必要になってくるし、速度制限を受けたりすると、いきなり不便になるし、そのあたりの問題も考える必要が出てきました。これを何とかする方法はないものでしょうか。
一人暮らしであれば、スマートフォンだけの契約でも、あまり問題は出ないかもしれません。料金も深刻になるほどのことはないという場合が多いでしょう。ただ、家族がいるとか、家庭内でパソコンを多用するとか、動画を一日数時間は見るとか、ネットゲームやネットトレーディングにハマっているといった場合は、無駄な料金が発生している可能性もあります。それでなくても、ついうっかり使ってしまうのがインターネットです。どんどん契約ギガ数が増えてしまって、気が付くと結構な金額になっているということもありがちです。

家のネット環境を確認してみる

自宅でインターネット回線を引いているなら、家の中でWi-Fiが使えるようにすれば、モバイル回線を使用しないでデータ通信量を気にすることなくスマホでインターネットができます。さらにパソコンや家族のスマホなどもまとめてWi-Fiに接続することが可能です。
まず、自宅でインターネットを使っているかを確認しましょう。昔から、パソコンでインターネットを利用していた家庭の場合、有線でインターネットに繋いでいるケースが多いです。この場合、Wi-Fiルーターを導入することで、パソコンもスマホもWi-Fiルーター経由でインターネットに接続することができます。この方法なら何時間動画を見ても速度制限が掛かることはありません。実際、筆者のように、家で仕事をしていて、家族3人がそれぞれパソコンを使っていて、他に、スマートフォンが3台、タブレット4台といった家庭の場合、有線でのインターネットの契約と、家庭内でのWi-Fiによる無線LAN環境は必須と言って良いでしょう。家庭内で1ヶ月に使われているパケット量は、軽く200GBを超えます。その代わり、スマートフォンのデータ通信契約は、3人合わせても1ヶ月で6GB以下。光回線をプロバイダの契約と一本化して、ひかり電話込みで月6000円くらいなので、使用しているデータ量を考えたら、かなりお得と言えるでしょう。
家庭のインターネットは、現在、ブロードバンド回線が主流で、動画などを見たりデータをダウンロードする使い方なら十分快適です。これが光回線なら、もっと速い速度でインターネットを使うことができます。クラウドサービスにデータをアップロードする際、それこそ1GB程度の大きなデータでも、1分程度でアップすることができます。HuluやAmazonプライムビデオなども安定して高画質で楽しめます。何時間動画を見ても、データ通信量は減らないので、動画見放題のサービスも安心です。お金を節約できて、しかも環境はリッチになるんです。

動画は見ないという人でも意外にデータ通信を使っている

データ量が増える原因は動画だけではありません。動画同様に、常にデータをやり取りしつつ、ついつい長時間プレイしてしまうオンラインのアクションゲームや、MMORPGなどを毎日遊んでいる人、また、常にリアルタイムでのデータの監視が必要なネットトレーディングを本格的に行っている人などは、ひとつひとつのデータ通信量は小さくても、積み重なって思っている以上にパケットを使っています。SNS中心で使っていても、フォロー数が多かったり、写真や動画データを中心にやり取りしていれば、データの総量はかなりのものになります。例えば、1MBの写真データでも、1000枚見たら1GBになるわけです。インスタグラムは、写真そのものが小さいので、それほどのデータ量にはなりませんが、全ての投稿が写真や動画など、テキストよりも大きなデータなので、ヘビーユーザーの場合は、やはりパケットを相当量使っていると考えた方が良いのです。

インターネット回線+Wi-Fiルーターで節約しつつ快適に

月々のスマホ料金を見直したいと考えている方、自宅にWi-Fiを導入することで、お悩みは解決できるかもしれませんよ。
これは余談ですが、光回線の契約の際に、付いてくる機器がWi-Fiルーター機能を内蔵していたり、Wi-Fiルーターをレンタルできる場合もあります。ただ、個人的に使ってみた経験上、ワンルームならともかく、複数部屋がある場合は、Wi-Fiルーターは別途用意した方が設定も楽だし、快適に使えることが多いようです。レンタルだと必要最低限の機能を備えているだけのものが多く、広い住まいやつなぐ機器の数に合っていないことがあるからです。また、レンタルではなく自分のものになるので、引っ越し先でもそのまま使えてフットワークも軽くなりますよ。

関連記事

  1. Tips

    SSDとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】…

    ハードディスクはパソコンなどの記録メディアとして広く知られていますが、…

  2. Tips

    HuluやNetflix、Amazonプライムビデオ……話題の動画配信サービスを家族で楽しむためのW…

    映画やドラマが大好きなのに、パソコンやネットなどのデジタル系が苦手な我…

  3. Tips

    「TV番組のハードディスク録画」とイマドキ家族のプラスαテクニック

    前回、我が家の奥様に頼まれて、Amazonプライムビデオをテレビで見ら…

  4. Tips

    Wi-Fiの設定や乗り換えに困ったら、動画でチェック

    最近のWi-Fiルーター、長年の製品開発のたまものでずいぶん設定が簡単…

  5. Tips

    内蔵ハードディスクとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デ…

    内蔵ハードディスクは、詳しい人の間ではベアドライブとも呼ばれています。…

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP