Tips

HuluやNetflix、Amazonプライムビデオ……話題の動画配信サービスを家族で楽しむためのWi-Fi導入

映画やドラマが大好きなのに、パソコンやネットなどのデジタル系が苦手な我が家の奥様。「やっぱりジャケットがないと選べないし、好きなものは手元に置きたいよね」と、これまではずっとDVDやブルーレイを買ったり、レンタルして鑑賞してきたのですが、このたび、ついにこんなリクエストをもらいました。

「Amazonプライムビデオをテレビで見られるようにして!」

スマートフォンを使ってAmazonで買い物をしているのは知っていましたが、今まではむしろ「DVDやブルーレイを買うお店」として使っていた奥様。訊くと、どうやらどうしても急いで必要なモノがあったため、プライム会員になったそうです。せっかく会費を払ったんだから、プライム特典を使いたいということでした。なるほど、僕がすでにプライム会員になっていて、パソコンでプライムビデオを観ていたことは、この際は黙っておきましょう。
我が家のネットワーク構成は、デスクトップのパソコンだけがケーブルで光回線のネットに繋がっている状態。テレビはネット接続していませんでした。せっかくなので、この機会にWi-Fiを導入しようと思います。

Wi-Fiルーター、どう選ぶ?

光ケーブルはマンションに来ているので、必要なものはWi-Fiルーターです。我が家は廊下のある3LDKで、家族は4人。と言っても、ふたりはまだ小学生ですし、奥様もバリバリとパソコンやデジタル機器を使うわけではないので、どのくらいパワーのある機種にしたらいいかちょっと迷うところです。でも、子どもの成長はあっという間……数年後、中学生になったら「パソコンを買って!」とか「タブレットを使いたい!」と言い出すことになる可能性は大きいかも……。
ということで、WSR-2533DHP-CBという機種を選びました。ポイントになったのはスピードなどのスペックだけではありません。この機種には、接続しているデバイスごとに、利用時間を設定できる「ペアレンタルコントロール機能」が付いているので、子どもたちがタブレットやパソコンを使い始めたときに、寝る時間を過ぎてもダラダラとネットを使えないように、元から断つことができます。どうせ中学生くらいになったら言っても聞かないようになるでしょうから、最初から「うちのネットは夜中はつながらないものらしい」というマイルールを設定してしまおう、という作戦です。
それからもうひとつ、設定がスマートフォンのアプリでできる、というのも僕としては大きな魅力でした。我が家では僕が「デジタルに詳しい」とされているので、奥様からいろいろなリクエストを受けているわけですが、実はネットワーク設定がいちばん苦手で、今の有線ネットワークをつなぐ時にもパソコンの設定で四苦八苦したのでした。スマートフォンでちゃちゃっと済むものなら、それに越したことはありません。
この機能のおかげで、設定はあっという間に終了。さて、次はテレビです。

Amazonプライムビデオをテレビで見るには

今回ネットにつなぎたいテレビは2台。まずは我が家のリビングにあるテレビ、ソニーのブラビアです。Wi-Fiを搭載している機種で、さらにAmazonプライムビデオのアプリもテレビにあらかじめインストールされているので、こちらはネットに繋ぎ、奥様のAmazonのアカウントを設定すれば完了でした。驚くほどスムーズに事が運びました。
まあ、そもそもせっかくネットワーク機能があるテレビなのに、ネットに接続していなかったというのも、ずいぶん宝の持ち腐れだったわけですが、それまで奥様がディスク派だったので、あまり必要性を感じなかったというのが正直なところです。
ついでに子どもたちにねだられて、YouTubeを見られるようにも設定しました。今まで子どもたちは奥様のスマートフォンを借りて、頭をくっつけあってYouTubeの動画を視聴していたのですが、大画面で見られるようになってしまったのでさあ大変。あっという間にリモコンの操作をマスターし、好きなチャンネルを検索して大興奮で視聴するようになってしまいました。Amazonプライムビデオにもアニメなど、子どもたちのみたい番組がどっさりあるので、すっかりテレビが子どもたちに占領されるようになってしまいました。こりゃあ、まずはこのリビングのテレビにペアレンタルコントロールをかけるべきかも知れません。

Wi-Fiやアプリに対応していないテレビで見るには

もう一台、夫婦の寝室にもテレビがあります。むしろ奥様は、子どもたちが寝たあとにゆっくりベッドで映画を楽しみたいわけですから、こちらのテレビでもAmazonプライムビデオを観られるように……と思ったら、こちらの古いテレビにはWi-Fiを受信する機能もAmazonのアプリもありませんでした。
そこで、AmazonのFire TV Stickを購入することにしました。一瞬AppleTVもいいかな、と思ったのですが、こちらはまだAmazonプライムビデオに対応していないようなので、ここは純正のFire TV Stickをチョイス。HDMI端子に挿すだけですし、設定も購入して届いた時点であらかじめアカウント登録がされているので、Wi-Fiをつなぐだけで簡単。これで寝室でも視聴ができます。

動画配信サービスはパワフルなWi-Fiで!

そこそこ初期投資は必要でしたが、リビングと寝室で同時に動画配信を視聴しても、気になるような映像の遅れなどは発生していないようで一安心。結果的にはワンランク上のWi-Fiルーターを選んでおいて正解だったのかも知れません。奥様からも、レンタル代がかからない! と好評です。今回のミッションはつつがなく成功!

関連記事

  1. Tips

    光回線とWi-Fiでパケ代が節約できるかも

    増え続けるデータ量に対策はあるのか?今はスマートフォンがあればイン…

  2. Tips

    アクセスガイド設定で、広告やホームボタンを押せないようにて娘の誤操作問題を解決しました

    こんにちは。カメラマンの早川です。どこの家庭でも当たり前の光景…

  3. Tips

    Wi-Fiの設定や乗り換えに困ったら、動画でチェック

    最近のWi-Fiルーター、長年の製品開発のたまものでずいぶん設定が簡単…

  4. Tips

    スマホに掛かるお金、節約のために見直したポイント

    通信費が家計を圧迫していませんか?大して無駄遣いをしているわけでも…

  5. Tips

    外付けハードディスクとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・…

    記録メディアと聞いて最初に思い浮かぶのは、やはりハードディスクドライブ…

最近の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP