ICT観光

訪日外国人誘客だけじゃない、お店へのWi-Fi導入メリット

Wi-Fi環境整備が導入店舗にもたらすメリットとは

最近、飲食店などの店舗で、「Wi-Fi使えます」のステッカーが貼られているのをよく見かけるようになりました。ステッカーを見たことがある人も、実際にWi-Fiを利用している人も多いことでしょう。こうしたところから、Wi-Fiを導入する店舗が増えてきていることが実感できます。もちろん来店客側にとって、Wi-Fiを利用できることは嬉しいことですが、店舗側にとってWi-Fi導入の効果は、誘客だけでしょうか。

もちろん、上記のように「誘客」はWi-Fi導入の目的で最も大きな1つです。店内でWi-Fi環境を無料で利用できることで利便性を高め来店を促せることが期待できるでしょう。前述したフリーWi-Fiスポットを示すステッカーを貼るのも、Wi-Fiを利用できることをアピールする役割を果たしています。
Wi-Fi環境の提供のほか、来店クーポン配布など、店舗内でのみ利用なサービスも実施できるため、店舗側にとって、誘客するうえでWi-Fi導入は重要なポイントになっているのです。
誘客効果は日本人に限ったことではありません。最近増えている訪日外国人旅行者も一時的な来日期間中にWi-Fiを利用できる環境を提供されることは来店する大きな理由になると考えられています。

総務省もWi-Fi環境の整備を促しており、Wi-Fi環境が来訪者へのサービス向上につながり、訪日外国人旅行者の集客につながることを、導入の利点として謳っています。

ほかにも、Wi-Fi導入のメリットとしては以下のようなものがあります。


無線POS利用によるレジ、商品管理などの業務の効率化

店舗にWi-Fiを導入することで、レジシステムを導入しなくても、スマホやタブレットのアプリでレジ機能を利用することができます。代表的なアプリとしては「Airレジ」や「スマレジ」があります。どちらも無料で利用でき、売上状況の把握・分析などもできるので、売上や収益の改善に活かすことが可能です。商品管理面における効率化にも役立つでしょう。

デジタルカタログ、デジタルサイネージの利用

デジタルカタログをタブレット端末で利用することで、接客がスムーズになることが期待されます。デジタルカタログは検索などによって調べやすく、在庫情報との連動によって円滑に注文まで進められるなど利便性が向上するでしょう。
また、タブレットや看板用端末を使ったデジタルサイネージは、リアルタイムの情報を常に流すことができたり、動画を利用できたりと、配信内容を管理しながら、来店者に向けてより効果的に告知やアピールをすることができます。

こうした有益な点は、Wi-Fi環境下でタブレットやスマホなどの端末で利用することで実現するメリットですが、そもそも、従来のレジシステムや発注、在庫管理などの業務用端末からこれらへの置き換え自体が、設備投資としての軽減になることも大きいと言えるでしょう。

ココまでのまとめ

  • Wi-Fi導入は店舗にとって「誘客」のほか、業務にも役立つというメリットがある。
  • Wi-Fi環境下のスマホ、タブレット利用による業務効率化が望め、設備投資軽減にも。

参考リンク

Airレジ
スマレジ 


Wi-Fi導入に成功したケース

ここまで述べてきたようなメリットについて、実際の事例でみてみましょう。

デリカテッセン「RECIPE&MARKET(レシピ・アンド・マーケット)

2016年3月、六本木にオープン。出店するにあたりできる限りの無駄を省く業務効率化に徹底してこだわり、アナログレジを使った系列店舗でデータ取得に時間がかかっていたため、iPadで利用できる「Airレジ」を導入。店舗とは離れた場所にいてもリアルタイムで売上や在庫のデータを把握できることを評価。機会損失や在庫ロスを防ぐことが可能になり、売上分析機能を利用して経営判断にも役立てています。

ココカラファイン

店舗システムの刷新にともない、全国1,300店舗でWi-Fiを統一して、クラウド管理できる環境を整えようと考え、クラウドWi-Fiの「ギガらくWi-Fi」を導入。来店者向けのフリーWi-Fiを提供できる点も重要だったといいます。POSシステムや基幹システムとモバイル端末を接続することで、端末1つで複数の作業を行える環境を整備し、これによって、バックヤードでのパソコン作業時間を削減。その分接客の時間に充てることができるようになったそうです。

高島平中央総合病院

新病棟開設にあたり、院内のICT化に本格的に取り組み、クラウドWi-FiのHypersonixを導入。患者のためのゲスト用Wi-Fiとスタッフの業務用Wi-Fiを分けて環境構築しました。ゲスト用Wi-Fiで来院者は気軽に院内でスマホやタブレットを利用できるようになり、業務用Wi-Fiによって、診療記録やリハビリ計画を患者のベッドサイドでタブレットで確認できるようになり、より患者と向き合う時間が増えたといいます。

矢場町ボクモ

名古屋市中区の飲食店で、バッファローのフリースポット導入キット「FS-600DHP」などを導入して来店者向けのWi-Fiを提供。以前からクラウドPOSレジシステム「スマレジ」を導入していたため、その業務で使用するWi-Fiと来店者に提供する無料Wi-Fiを切り分ける形でネットワークを構築。
これにより、売上管理などに使用する業務ネットワークに干渉しない形で、不特定多数が使う無料Wi-Fi環境を用意し、来店者の利便性を向上させました。

ココまでのまとめ

  • 実際にWi-Fiを導入した店舗や病院では、来訪者へのフリーWi-Fi提供のほか、業務でも活用。
  • 売上分析による改善、在庫管理、作業の効率化を実現し、サービスの向上にもつなげている。

参考リンク

Airレジ RECIPE&MARKET(レシピ・アンド・マーケット)導入事例
ギガらくWi-Fi ココカラファイン導入事例
Hypersonix 高島平中央総合病院導入事例
バッファロー フリースポット ボクモ導入事例


行政は補助金枠などを設けて導入を支援

導入にあたって、補助金などは強い後押しとなるでしょう。最後に、Wi-Fi導入に関する行政の支援状況を紹介します。

中小企業庁は「サービス等生産性向上IT導入支援事業」として、主にサービス業に従事する中小企業、小規模事業者を対象に「IT導入補助金」を出しています。支援内容はバックオフィス業務等の効率化や新たな顧客獲得等の付加価値向上に資するITツール、アプリ等の導入の支援です。第2次公募申請は6月末に終了していますが、今後も公募があるかもしれません。

また、総務省は平成29年度「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策補助金」の募集を行っています(募集期間は4月3日~10月31日)。この補助金の補助対象には「外国人観光案内所」の「無料公衆無線LAN環境の整備に要する経費」や「案内標識、デジタルサイネージ、タブレットに要する経費」があります。

自治体でもWi-Fi導入の補助金を出しているところがあります。例えば、札幌市は外国人旅行者のデータ通信の利便性向上を目的に「Sapporo City Wi-Fi等整備促進事業」を実施。補助対象は市内の観光施設、飲食店(持ち帰りや配達飲食サービス店を除く)、小売・サービス店、宿泊施設で、フリー Wi-Fi設置にかかる機器購入費やFree Wi-Fi設置にかかる工事費等の補助を行います(受付期間は7月3日~平成30年1月末日)。

Wi-Fi導入を検討する際、導入の費用を考えて躊躇してしまう店舗もあるかもしれませんが、上記のように「補助金」を受け取れる可能性も十分にあります。行政サイドでも、こうした施策で導入を支援しています。

ココまでのまとめ

  • 行政サイドでも、Wi-Fi環境整備を目指し導入を後押しする支援事業を行っている。
  • 中小企業庁や総務省のほか、自治体でも補助金枠を設けている。

参考リンク

ミラサポ IT導入補助金
観光庁 平成29年度「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策補助金」について
札幌市 平成29年度「Sapporo City Wi-Fi等整備促進事業」の対象事業を募集しています

関連記事

  1. ICT観光

    公衆Wi-Fiは危険?設置時に覚えておくべきセキュリティー対策とは?

    公衆Wi-Fiの危険性先日、ソフトバンクグループの孫正義社長が、「…

  2. ICT観光

    観光客向けWi-Fi設置の宿泊施設・自治体の例【シリーズ「日本の観光立国とICT」】

    ■旅行中に困ったこと1位は「無線LAN」日本はまだ「公衆Wi-Fi…

  3. ICT観光

    ホテル・旅館のインバウンド需要への取り組み【シリーズ「日本の観光立国とICT」】

    ■期待される日本のWi-Fi普及観光庁が主導する「訪日旅行促進事業…

  4. ICT観光

    訪日外国人の意向や消費行動を知り、ニーズを把握しよう

    ■2016年より速いペースで2,000万人を突破。増加を続ける訪日外国…

最近の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP