Tips

SDカードとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】

SDカードは、デジタルカメラやスマートフォンの記憶媒体として広く使われています。こうした携帯性の高い身近な機器で使用されているため、わたしたちの生活と密接に関わっているSDカードも、容量や規格の違いでいくつか種類があります。

デジカメやスマホで大活躍。コンパクトな記録媒体

デジタルカメラや携帯電話、スマートフォンの記録媒体として一般的なSDカード。他の記録媒体と比べてもコンパクトなのが特徴で、ほかにも、ゲーム、デジタルオーディオプレイヤーなどSDカードは小型のモバイル機器で多く採用され普及しています。

サイズの違うさまざまな規格があり、よく知られているのはSDカードとmicroSDでしょう。この2つはカードサイズが異なり、SDカードが縦横32mm×24mm、microSDがその4分の1程度の大きさの15mm×11mmとなっています。サイズの異なるものとしては、21.5mm×20mmのminiSDカードもありますが、最近では使われない規格になりました。
デジカメの記録メディアにはSDカードが多く、スマートフォン用としてはmicroSDが使われているのが多くみられます。microSDは、アダプターを使うことでSDカードのサイズに変えて使うこともできます。

microSDカード(左)はカードアダプター(右)を使うことでSDカードとして使用できます

また、SDカードはサイズだけでなく、容量の違いによっても3種類の規格があります。
・2GBまでの容量に対応するSDカード
・32GBまでの容量に対応するSDHCカード
・2TBまでの容量に対応するSDXCカード
これらはカードサイズは同じなので、実際利用する際には、デジカメやスマホなど、使用したい機器がどのSDカード規格に対応しているか知っておくことが大切。例えば少し古いデジカメだとSDXCに対応していない場合もあります。規格が違うと使用できないこともあるので注意しましょう。

連射撮影や4K動画などに向いた高速タイプの製品も

SDカードの購入時に選択肢になってくるのは容量と速度です。最近のデジカメは高画質化が進み、1枚の写真の容量が50MBを超えるものも少なくありません。また連写機能がついているデジタル一眼などの場合、一度に数十枚の写真を撮影する場合もあります。このとき、SDカードのデータの転送速度が遅いと、書き込みに時間がかかって満足に撮影できなくなることがあります。さらに4Kなどの高解像度な動画撮影機能を搭載している機器もありますが、こちらも非常に大きな動画データを扱うため、データの転送速度が遅いと、映像を正しく記録できなくなる「フレーム落ち」と呼ばれる現象が起こります。これらの機能を十分に活用するためには、データを高速に読み書きできることが大事です。

SDカードには「スピードクラス」と呼ばれる共通規格があり、秒(sec)間あたりの転送速度の違いで2〜10MB/secまでの「スピードクラス」、10〜30MB/secの「UHSスピードクラス」、6〜90MB/secの「ビデオスピードクラス」に分かれています。一般的なデジカメならスピードクラスでも対応可能ですが、FHDや4KといったビデオにはUHSスピードクラスやビデオスピードクラスに対応したものが必要になってきます。最近ではデジタル一眼でもフルHDや4Kに対応したものもあります。

SDカードのスピードクラスの一覧。アイコンがそれぞれのクラスを示しています
(※SDアソシエーションの説明を引用し作成)

上の一覧にあるロゴマークがそれぞれの規格を表しています。ロゴマークを参考にして、使用する機器に対応しているものを購入するようにしましょう。一般的に、容量が大きくても価格の安いものは、読み書きの速度が遅い場合が多いようですので注意しましょう。

製品には規格のロゴが表示されているので利用時に間違わないようにしましょう

Webサイトの製品ページなどでも規格表示をチェックしましょう

USBメモリーと同じ「フラッシュメモリー」。紛失にも要注意

第1回で紹介したUSBメモリーとSDカードは、どちらも中身が「フラッシュメモリー」である点で同じものと言って良いでしょう。USBメモリーと比べて、デジカメからパソコンなど他機器とデータをやり取りする場合にSDカードは便利です。例えば、デジカメのデータをパソコンに取り込んだり、聴きたい音楽をパソコンからmicroSDカードに書き込んで、スマホに挿入して利用したりできます。SDカードスロットのないパソコンにはSDカードリーダーを使って利用できます。

先述のようにSDカードはUSBメモリーと同じものと考えて良く、デメリットもUSBメモリーとほぼ同じです。データの書き換え回数に制限があり、長時間放置するとデータが揮発してしまったり、メモリーが劣化して使えなくなることもあります。静電気にも弱く、長期保存メディアとしては向いていません。

また、SDカードは切手大で小さく薄いため、ちょっとどこかに置いておくと紛失してしまうことが多々あります。特にmicroSDは指先ほどのサイズでとても小さく、SDカードに比べてもなくしやすいので、単独で保管する際は必ずケースの中に入れるなど気をつけるようにしましょう。

もう一つ、SDカードを使う上で気をつけたいのは、フォーマットの問題です。パソコンで使う場合、Macで使う場合、その他機器で使う場合で、違うフォーマットになる場合があります。例えばデジカメで使うときには、デジカメについている「SDカードのフォーマット」を使って初期化しないと撮影できない場合もあります。利用する機器によってフォーマットを行うメニューがあるので、利用前に必ず、その機器専用のフォーマットを行うようにしましょう。

デジカメで使うときはカードの初期化(フォーマット)メニューを使いましょう

あきらめる前に「データ復旧サービス」

正しい使い方をしていても、もし万一データが読めなくなった場合、バッファローのならメーカー正規のデータ復旧サービスが利用できます(他社製品にも対応)。「パソコンを使用していたら大切なデータが消えてしまった」「記録メディアが故障して大切なデータが取り出せなくなった」など、記録メディアのトラブルの際には、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. Tips

    Wi-Fiの設定や乗り換えに困ったら、動画でチェック

    最近のWi-Fiルーター、長年の製品開発のたまものでずいぶん設定が簡単…

  2. Tips

    外付けハードディスクとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・…

    記録メディアと聞いて最初に思い浮かぶのは、やはりハードディスクドライブ…

  3. Tips

    HuluやNetflix、Amazonプライムビデオ……話題の動画配信サービスを家族で楽しむためのW…

    映画やドラマが大好きなのに、パソコンやネットなどのデジタル系が苦手な我…

  4. Tips

    SSDとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】…

    ハードディスクはパソコンなどの記録メディアとして広く知られていますが、…

  5. Tips

    格安SIM、安いから使いにくいってことはない?

    そもそも格安SIMとはスマホの料金の節約を考える時、最近、よく耳に…

最近の記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP