Tips

「TV番組のハードディスク録画」とイマドキ家族のプラスαテクニック

前回、我が家の奥様に頼まれて、Amazonプライムビデオをテレビで見られるように、ついに我が家にもWi-Fiを導入。すると、それから間もなく、リビングのテレビで番組録画用に使っていた5年選手のブルーレイレコーダーが壊れて動かなくなってしまいました。映画のDVDやブルーレイディスクをコレクションしていた奥様の愛機でしたから、さぞがっかりするだろうと思いきや、なんと、あっさりと「もう映画やドラマは配信で見られるから、プレイヤーはいらないね!」と言うではありませんか。内心、今年のクリスマスプレゼントにブルーレイレコーダーにしちゃおうと、奥様への毎年のプレゼント選びの悩みが解決したつもりだった僕としては、完全に拍子抜けでした。その代わり、また新たなリクエストが……。

「テレビにハードディスクをつなげたらレコーダーがなくても録画できるんじゃないの?」

我が家ではこれまでブルーレイレコーダー内蔵のハードディスクに録画していたので、これがなくなると録画手段もなくなっていました。たしかに、最近の多くのテレビにはUSB端子がついていて、ハードディスクをつないで録画ができるモデルがたくさんあります。調べてみると、我が家のソニー製テレビ「ブラビア」も、USB端子にハードディスクを接続すれば録画ができる機能がありました。ということは、「テレビ録画用」というハードディスクを買ってきて、ここに繋げばいいだけ。なんということはありません。今回のミッションは楽勝でしたね。今回はこの辺で…と思いきや。

「そういえば、子どもたちが見る番組の録画用と、私たちおとな用と分けることってできる? あ、子どもたち用のハードディスクは実家に持っていっても観られるようにはできないかな?!」

調べてみないと「?」なテレビでハードディスク録画の知識

ミッションクリアしたかと思いきや、私には「?」な質問が飛んできました!そもそもテレビに2台のハードディスクって接続できるんだっけ?それに、確か録画したハードディスクって別のテレビに繋いでも見られないんじゃなかったかな……?

「あの子たち、向こうで観るものないと間が持たないでしょ?今までは子ども番組を録画したディスクを持って実家に行ってたんだもん。」

うんうん、確かにそりゃそうなんだけど、そんなことできるのかなあ。

つなぎ変えで使うならハードディスクを複数台使える

で、調べました。調べたところ、どうやら我が家のブラビアには2台のハードディスクを同時に接続はできないようです。同時接続はできなくても、8台までのハードディスクを登録することはできる、と説明書に書かれています。となると、おとな用と子ども用のハードディスクを分けたければ、まず2台のハードディスクを登録して、子ども用番組を録画したり、おとな用番組を録画したりする都度、ハードディスクを挿し替えるしかありません。うちではほとんどの場合、番組録画は予約機能を使って録画していますから、ちょっとこれは現実的ではありませんね。とはいえ、すべてのテレビがそう、というわけではありません。例えば、シャープのアクオスのUSB用ハードディスク録画対応モデルは現在、USBハブを使って複数台のハードディスクが同時接続可能ということがわかりました。

特定のハードディスクとテレビの組合せ以外は、別のテレビの録画番組は見られない

そして、もうひとつ。録画したハードディスクを別のテレビにつないで見たいリクエストですが、これはやはり通常ではデジタル著作権の問題があって、見ることはできないことがわかりました。しかし、テレビ録画用ハードディスクの中には、移動して使えるものがあることを発見。それが、「SeeQVault」という規格です。これはテレビやブルーレイレコーダー、そしてUSB接続のハードディスクで「SeeQVault」規格に対応している機種を持っていれば、その機器同士で繋ぎ変えた場合のみ、録画した番組が別の機器でも観られるというもの。パナソニック、ソニー、東芝、サムスンの4社が「著作権を保護しながらも録画番組をユーザーがより快適に楽しめるようにしよう」と共同開発した規格です。
つまり、この規格に対応しているハードディスクとテレビが自宅と実家にあれば、この要望に応えられるというわけです。実際に「SeeQVault」に対応したハードディスクには、移動で使うにも良さそうなモデルがありました。バッファローのHD-PNQU3/Vシリーズは、電源もいらないポータブルタイプでUSBケーブルのみでテレビにつないで録画できて、別のテレビに抜き差しして楽しめます。これでリクエストのうち半分はクリアできるぞ……と思いましたが、うちのブラビアは「SeeQVault」非対応のモデルでした。どのメーカーもすべてのテレビが対応しているというものではないようです。そもそも実家のテレビはもっと古い別のメーカーのものだし、今日のところは、テレビの買い替えが必要になったときには必須で「SeeQVault」のモノを買う!とだけ覚えておくだけにしましょう。

まさかのプレゼントのリクエストは……

今回はとりあえずテレビで録画することには成功しましたが、それ以外は今後テレビでのハードディスク録画において知っておくべきいろいろな制限を知る結果となりました。ミッション・インポッシブルのテーマ曲を脳内で再生しながら、奥様にぼくの調査結果を説明しました。すると、ここでまた奥様がどんでん返しの一言を放ったのです。

「じゃあ、私へのクリスマスプレゼントってことでテレビを買い換えようよ!」

参りました!それならほとんどの要望は解決できるかも!でも、ハードディスクとかハブは誰が買うの……? もしかしてそれもぼくからのクリスマスプレゼント枠!?

ミニステーション SeeQVault対応 耐衝撃&USB3.0ポータブルHDD : HD-PNQU3/Vシリーズ

 

関連記事

  1. Tips

    SSDとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】…

    ハードディスクはパソコンなどの記録メディアとして広く知られていますが、…

  2. Tips

    内蔵ハードディスクとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デ…

    内蔵ハードディスクは、詳しい人の間ではベアドライブとも呼ばれています。…

  3. Tips

    スマホに掛かるお金、節約のために見直したポイント

    通信費が家計を圧迫していませんか?大して無駄遣いをしているわけでも…

  4. Tips

    HuluやNetflix、Amazonプライムビデオ……話題の動画配信サービスを家族で楽しむためのW…

    映画やドラマが大好きなのに、パソコンやネットなどのデジタル系が苦手な我…

  5. Tips

    子どもが持ち帰るプリントや作品をデジタル化で整理、家族で共有してみる

    我が家の奥様はパソコンやスマートフォンなど、デジタル系がちょっと苦手で…

  6. Tips

    SDカードとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット…

    SDカードは、デジタルカメラやスマートフォンの記憶媒体として広く使われ…

最近の記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP