Tips

SSDとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】

ハードディスクはパソコンなどの記録メディアとして広く知られていますが、SSDはハードディスクと同じように大容量ストレージとして利用されています。最近ではハードディスクの代わりにノートパソコン用の内蔵ディスクとして利用されることも多くなり、店頭やネットショップでSSD搭載パソコンが販売されているのを見かけることもあるでしょう。

ハードディスクに代わってノートパソコンの記録媒体として主流に

SSD(Solid State Drive)は小さくて軽く、ハードディスクの弱点である衝撃にも強いのが特徴です。昔は容量あたりの単価がかなり高価で、かつ書き込み回数に限りがあるため、あまり実用的ではありませんでした。しかし最近は価格も安くなり、ノートパソコンに内蔵する記録用ディスクとして使われることが多くなっています。
データを記録する部分は半導体メモリーを使った記憶媒体なので、基本的にはSDカードやUSBメモリーと同じですが、主に「SSD」とよばれる製品は内蔵タイプで、接続部のインターフェースはカードスロットやUSBではなく、ハードディスクと同じSATAなどの規格や、近年ではさらに小型でデータのやり取りも高速化できるmSATA、M.2などの規格にも対応しています。また、最近では持ち運びしやすいケースに入った外付けタイプも登場しており、こちらはUSBやThunderboltで接続するものが主流です。

早い、軽い、衝撃に強い――SSDのメリット

SSDの利点はハードディスクと違って、メモリーに電気的に直接データを書き込むので、非常に高速な読み書きができ、パソコンの動作が速くなることです。例えばパソコンでは、作業時に多くのアプリを立ち上げて作業するとき、作業領域になるRAMメモリーが足りなくなると、記録ディスクに一時的に作業データを退避させる「データスワップ」と呼ばれる機能や、頻繁にアクセスするデータを一時的に記録用のディスクに保存する「キャッシュ」と呼ばれる機能があります。SSDの交換によって読み書きが速くなると、これらの機能が高速化され結果的にパソコンの動作も速くなります。

ハードディスク(左)は機械的な可動部を持ち、磁気ヘッドを使ってプラッターを読み書きするため、データを探すためにシークタイムがありますが、SSD(右)はメモリーに直接データを書き込むため高速です

その他の特長として、本体の大きさが2.5インチのハードディスクと同じサイズで小さく、重さもハードディスクに比べて軽くなっています。

バッファローのSSD-PMU3Aシリーズはカードサイズよりも小さく、重さも30gと軽量です

可動箇所がないため振動や衝撃に強く静かなのもポイントです。また、ハードディスクのプラッターのように常に回転している部分もないため、省電力化され、発熱も少なくなります。これらは特に持ち運びされるノートパソコンにとって価値があるメリットのため、ノートパソコンに内蔵する記録用ディスクとして多く採用が進んでいます。外付けタイプもサイズが小さく衝撃に強いため、持ち歩き用に便利です。

米国MIL規格「MIL-STD-810G 516.6 procedure IV」準拠で衝撃に強いのも特徴です

高価で寿命がある――SSDのデメリット

利用者にとってSSDの最大の欠点と言えるのは、やはり容量あたりの単価が高いことでしょう。前述のように低価格化は進んでいるものの、ハードディスクと比べると高く、同じ1TBのハードディスクとSSDが約5~6倍程度の価格差(バッファロー製品比)があります。さらに容量の上限はハードディスクに比べるとまだあまり大きくありません。
また、USBメモリーやSDカードと同じく読み書きの回数に制限があり、ハードディスクに比べると寿命が短いのも欠点です。静電気にも弱く、他のメディアと同じくバックアップは必須です。さらに、故障してしまうとデータの完全な復旧は難しいと言われているため、劣化時は早めのバックアップや交換を心がける必要があります。

SSDとハードディスク、どこでどう使うべき?

SSDとハードディスクにはそれぞれ利点、欠点があります。それらは、以下の比較表(黄色が優位)が示すように、互いに補い合う関係であるとも言えます。

ではSSD、ハードディスクの「適材適所」はどこでしょうか。
大容量が求められるデスクトップ機やテレビ録画用のドライブには、容量あたりの単価が安く、動かさない場所であれば安定して記録ができるハードディスクが有利と言えるでしょう。これに対して、持ち歩くことが多く、バッテリーの消費を抑えられる方が良いノートパソコンには、SSDが最適です。
最近では「SSHD」と呼ばれる、SSDとハードディスクを組み合わせた製品も登場しています。これは、フラッシュメモリー部分によく使われるデータを保存して読み出しを早くし、データを保存する部分にはハードディスクを使います。これにより動作を高速にするSSDの利点と、大容量を安価で利用できるハードディスクの利点を同時に利用できるようになるのです。また、Macの一部の機種では、ハードディスクとSSDを一つのドライブとして扱い、システムやスワップ部分などアクセスの多い部分をSSDに、記録媒体として利用する部分にハードディスクを割り当てる「Fusion Drive」というシステムもあります。SSHD、Fusion Driveに対応する機種は限られますが、高速で大容量という2つの利点を活用できます。

あきらめる前に「データ復旧サービス」

ここまでに述べてきましたが、SSDのデータ復旧は難しい場合が多いので、ハードディスクなどへのバックアップは必ず行っておきたいところです。それでも、万一データが読めなくなった場合、バッファローのデータ復旧サービスを利用すれば、データを復旧できる可能性もあります。バッファロー製品に限らず、どのメーカーの製品の受付も可能です。「パソコンを使用していたら大切なデータが消えてしまった」「記録メディアが故障して大切なデータが取り出せなくなった」など、記録メディアのトラブルの際、ご利用をご検討ください。

関連記事

  1. Tips

    Wi-Fiの設定や乗り換えに困ったら、動画でチェック

    最近のWi-Fiルーター、長年の製品開発のたまものでずいぶん設定が簡単…

  2. Tips

    アクセスガイド設定で、広告やホームボタンを押せないようにて娘の誤操作問題を解決しました

    こんにちは。カメラマンの早川です。どこの家庭でも当たり前の光景…

  3. Tips

    子どもが持ち帰るプリントや作品をデジタル化で整理、家族で共有してみる

    我が家の奥様はパソコンやスマートフォンなど、デジタル系がちょっと苦手で…

  4. Tips

    光回線とWi-Fiでパケ代が節約できるかも

    増え続けるデータ量に対策はあるのか?今はスマートフォンがあればイン…

最近の記事

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP