Tips

DVD、ブルーレイ光メディアとは?【シリーズ「データをなくさない!――知っておきたい記録メディアのメリット・デメリット」】

CD、DVD、ブルーレイなど、お馴染みの12センチ(8センチもあります)のディスクにデータを読み書きするメディアは「光メディア」と呼ばれます。光メディアは、光学ドライブ装置を使い、半導体レーザーの反射によって情報を読み書きする記録媒体です。

音楽、映像、データも収録する光メディア

光メディアはわたしたちの生活に浸透しています。数多くの規格がありますが、現在主に使われているものとして、音楽用に使われるCD、映像やデータ、ゲームなどに使われるDVD、さらに大容量、高画質のブルーレイの3種類が広く知られているでしょう。それぞれ専用の光学ドライブ装置が必要になりますが、ブルーレイ―DVD―CDの順で下位互換があり、例えばブルーレイドライブであればDVD、CDの記録、再生が可能です。

CDは、赤外線半導体レーザーを使用し、データ容量は700MB程度になります。CD-Rは一度だけ書き込み可能(ライトワンス)で、CD-RWになると書き換えも可能です。
DVDは、赤色半導体レーザーを使用し、片面一層〜両面二層の方式があって、データ容量は4.7〜17.0GBです。DVD-Rはライトワンス、DVD-RWは書き換えも可能です。他にもDVD-RAM、DVD+RWなどたくさんの規格がありますが、ドライブが規格に対応していないと利用できないので注意が必要です。また、DVDレコーダーなどでTV番組などを録画するためには、著作権に対応したCPRM対応のDVD-Rディスクが必要になり、一般的なデータ用ディスクは使えません。
ブルーレイは青紫色半導体レーザーを使用し、記録面の多層化で大容量化を可能にしており、四層まで、7.5GB〜128GBまでのデータ容量になります。ライトワンスのBD-R、書き換え可能なBD-REなどの規格に分かれており、こちらにも対応ドライブが必要になります。
規格がたくさんあるので、利用したい規格の製品をしっかり確認して購入する必要があります。例えば、テレビ番組を保存するのに、データ用のDVD-Rを購入しても利用できないので注意しましょう。


バッファローのポータブルブルーレイドライブ 「BRUHD- PU3-BK」が対応している光メディアの規格と書き込み速度。現在一般的に販売されている全ての光メディアに対応しています

長期保存用メディアとして最適-――光メディアのメリット

HDDやSSDと違って、長期保存可能なのが光メディアの最大のメリットです。元々のディスクの品質にもよりますが、10〜30年程度のデータ読み取りが可能と言われています。さらに、DVDとブルーレイにはデータの長期保存を可能にする「M-DISC」と呼ばれる規格もあり、これに対応したドライブと光メディアを使えば、100年以上の保存が可能になります。
(三菱ケミカルメディアが販売するM-DISCに対応した業務用アーカイブディスクは、第三者機関の試験で推定寿命200年以上の結果が示されました。官公庁などでも公文書管理やデータ管理に利用されています。)

撮影した写真や確実に保存しておきたいデータなどは、光メディアに書き出しておくことで、安全に保存できます。昨今、コンテンツのデータが大きくなったことで、パソコンに保存しきれない個人的な写真データやビデオの保存に利用されることも多く、例えば、旅行写真を焼いて友達に贈る、孫のビデオを親に送るといった用途で利用されることもあります。カメラ店でもデータを光メディアで受け渡しするサービスが一般的にあります。
ビジネス面では、主にバックアップ用途で利用されています。例えば、HDDの容量を占めている、ほとんどアクセスしない過去の仕事データを保存しておくのに最適です。ライトワンスであれば内容も改変されないため、正しくデータを残すことにも使うことができます。テレビ番組の録画保存にも光メディアが使われています。

読み書きが遅く容量が小さい・傷つきに弱い-――光メディアのデメリット

光メディアは、どの規格でも転送速度が遅いのが難点です。等速でCDは150kB/s、DVDでは1.4MB/s、ブルーレイでは4.5MB/sで、利用するドライブによって8倍、12倍、24倍速などの速度になりますが、それでもHDDよりはるかに低速で、常時利用する記録メディアとしては難しいと言えます。かつては「大容量」と言われていた光メディアですが、最も容量の大きいブルーレイでも128GBまで。最近ではTB単位のHDDもあり、USBメモリーやSDカードと比べても小さい容量になりました。

また、長期保存に向くのはお伝えしたとおりですが、直射日光に当てたり、湿度や温度が高いところで保存しないなど、適切に保存されている必要があります。また、光メディアは、広く普及し比較的入れ替えの頻度も多いためか、他メディアと比べて乱暴に扱われやすい傾向があると言えます。盤面やデータを記録する層を傷つけると、データが読み取れなくなったりするので注意しましょう。

あきらめる前に「データ復旧サービス」

光メディアのデータが読めなくなったとき、よくあるのは光学ドライブ側の故障です。データを読み込むピックアップと言われる部分に埃が付着して読み込めなかったり、レーザー部分が劣化してしまって読めない場合もあります。適切に保存されていた場合、長期保存が可能なメディアより、ドライブの寿命の方が早いと考えた方が良いでしょう。最近ではノートパソコンに光学ドライブがない機種が増え、将来的に読み書きするハードウェアそのものがなくなってしまう可能性もあります。
光学ドライブが正常でもデータの読み出しができなくなった場合、バッファローのブルーレイ・DVDドライブを使ってデータを保存した光メディアであれば、データを回復するデータ復旧サービスも利用可能です。「記録メディアが故障して大切なデータが取り出せなくなった」など、記録メディアのトラブルの際、ご検討ください。

関連記事

  1. Tips

    家で車でアウトドアで、ニンテンドースイッチを充電してみる

    こんにちは。カメラマンの早川です。子どもたちは夏休み終盤。今年は仕…

  2. Tips

    光回線とWi-Fiでパケ代が節約できるかも

    増え続けるデータ量に対策はあるのか?今はスマートフォンがあればイン…

  3. Tips

    子どもが持ち帰るプリントや作品をデジタル化で整理、家族で共有してみる

    我が家の奥様はパソコンやスマートフォンなど、デジタル系がちょっと苦手で…

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP