レビュー

テレビまわりのゴチャゴチャを解消。ポータブルハードディスク用テレビ背面取り付けキット。

こんにちは、フリーライターの小宮山勝利です。
最近のテレビは、番組録画機能を搭載した製品が多いですよね。そうした多くの製品では、外付けのハードディスクをつないで録画できますが、外付けハードディスク、みなさんはどこに設置していますか?

テレビの背面にUSBケーブルで接続するため、普通はテレビ周辺に設置することになると思います。でも、そのハードディスクをどこに置くかというと、テレビラックや、床に直に置く、なんて場合も多いのではないでしょうか。これが意外に邪魔になったりします。

こうした時に良いのが、ポータブルハードディスク用テレビ背面取り付けキット「OP-HDP-TVK3」(以下、本製品)。テレビ用外付けハードディスクをスマートに設置できるという本製品を、今回は使ってみました。

■テレビ周りはゴチャゴチャしがち。録画用ハードディスクに衝撃が加わる危険も

テレビは、テレビラックの上に置くか壁掛けするのが一般的でしょう。筆者もテレビラックの上に置いています。テレビラックの下には、ハードディスクレコーダーやサラウンドシステムなどを設置している人も多いかと思います。こうしたAV機器の収納は、意外にゴチャゴチャしやすい場所です。CDやブルーレイディスクがあふれることもありますし、背面に回ればケーブルもゴチャゴチャになりがちです。

室内はきちんと整理されてきれいにまとめられている状態が気持ちいいものですから、こうしたAV機器周辺も片付けておきたいですよね。そうするとテレビにつないだ外付けハードディスクは、できれば隠しておきたいところ。そもそも普段触れることがないので、目に見える場所になくても問題ないのです。

ところが、この外付けハードディスクが意外に大きい。ラックの棚がレコーダーやブルーレイディスクのパッケージで埋まっていると、ハードディスクの置き場がなくなってしまいます。付属のUSBケーブルもそれほど長くはないので、どこか離れた場所に置く、というのも難しいものです。

そうなると、自然とラックの上、テレビの横といった位置が定位置になりがちです。そのまま床に置いている場合もあるかもしれません。最近のテレビはデザイン性も高く、シンプルな見た目なのに、そのそばにケーブルがだらんと垂れてハードディスクにつながっているのは気になります。

テレビラックの上にポータブルハードディスクを設置。これはコンパクトなハードディスクですが、一般的なテレビ用ハードディスクはもっと大きく、この位置に設置するとテレビ画面に被ってしまい、床に置くぐらいしかできなくなってしまう

ポータブルハードディスクであれば、場所もとらず、テレビの横にあっても見た目の違和感も最小限に抑えられます。パソコンで使っていた手持ちのポータブルハードディスクをテレビ録画用に流用するということもできるでしょう(再フォーマットが必要です)。ただ、それでもテレビのそばにケーブルがだらんと垂れてハードディスクが置かれているのは変わりなく、ひょんなきっかけでラックの上から落下してハードディスクを壊してしまう危険性もあります。テレビの録画番組はバックアップなどが難しいので、ハードディスクが破損すると二度と見られなくなる、ということも多いのです。床に直置きだと、今度は掃除の時に掃除機が当たる、飼っていた猫がぶつかる、といった被害も起こりがちです。小さなお子さんが倒してしまったり、ケーブルに足を引っかけて転倒する危険もあります。それが録画中だったら目も当てられません。

■録画用ハードディスクをスッキリと収納、取り付け

こうした状況で役立つのが本製品。テレビの背面に取り付けてポータブルハードディスクを収納できるので、前述のような問題を解消できます。

ハードディスクを収納するためのケースとケーブル、ネジが付属

テレビの背面には、実はネジ穴というのがいくつか用意されています。これはもともと、テレビを壁掛けするためのものです。最近の薄型テレビにはたいていこのネジ穴があり、VESAと呼ばれる規格があるのですが、本製品もこれに準拠しているので、VESA規格を採用しているメーカーのテレビであれば使えます。

※テレビによっては、録画にポータブルハードディスクが利用できない場合があります。対応表・WEBページなどでポータブルハードディスクに対応していることをご確認ください。

実際にポータブルハードディスクを収納したところ

このネジ穴に本製品を取り付ければ準備は完了です。あとは、そこに手持ちのポータブルハードディスクを入れて、USBケーブルを取り付けるだけ。テレビ背面に固定するので、正面から見るとハードディスクの存在は目につかず、テレビ周辺もスッキリして、ケーブルがテレビ周辺にだらんと垂れる見苦しさも解消できます。

テレビの背面にあるVESA規格のネジ穴の一つを使って装着します。ネジは手回しで設置も簡単

もちろん、子どもや動物のいたずら、不注意の事故も起こりづらいため、より安全に、よりテレビ周辺をきれいにすることができます。

■厚みのあるハードディスクも収納可能

本製品、単なるポータブルハードディスク収納にとどまらない工夫が盛り込まれているのがわかります。

まず、ハードディスクを収納する部分の厚みを2段階に切り替えられるので、厚みのあるハードディスクでも問題なく収められます。通常、大容量になるほどポータブルハードディスクの厚みは増えますが、大容量ハードディスクでも収納できるのです。

厚みを簡単に変えられ、さらに大容量のポータブルハードディスクも使うことができます

■便利なオプションも付属

本製品に付属するオプションも配慮が行き届いています。
前述のように、テレビに取り付けるネジ穴はVESA用のものを使いますが、テレビによってネジのサイズが異なっています。太さの違いによってM4、M6、M8用の3種類のネジが付属しており、こうしたサイズ違いがあっても問題なく装着できるようになっているのです。ちなみにこの付属ネジは、工具がなくても手回しで装着できる形状というのも嬉しい配慮です。

ポータブルハードディスクは、付属するケーブルが意外に短いものです。ネジ穴の位置によっては、本製品に収納したハードディスクに付属ケーブルが届かない可能性もありますが、100cmの長めのケーブルが付属しているので、届かない場合はこちらを使えば安心です。

テレビ録画用の外付けハードディスクは、便利な反面、意外に場所をとってしまうものです。個人的に、テレビを大型のものに買い替えたら、ラックの幅にはピッタリになったけど、ハードディスクの置き場がなくなった、ということもあって、設置場所に困っていました。本製品なら、場所もとらず、落下などの危険への備えもしなくて済むので、今まで以上に快適になったと感じました。

▼ポータブルハードディスク用 テレビ背面取り付けキット

関連記事

  1. レビュー

    Surface Pro 4の2つの弱点をまとめて解消

    こんにちは、カメラマンの早川です。最近、出張が増えてきたのです…

  2. レビュー

    周辺機器ぽくない録画用HDDでテレビまわりがスッキリ

    こんにちは。カメラマンの早川です。自宅のテレビにつないでいた録…

  3. レビュー

    高速USBメモリーの気になる転送速度は?

    今回紹介するUSBメモリー「RUF3-HKSシリーズ」は、USB3.0…

  4. レビュー

    故障予測サービス「みまもり合図」を使ってみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。ハードディスクの健康状態判定を通…

  5. レビュー

    静音マウスVS.非静音マウス! なんとその差は○○デシベル!?

    バッファローの静音マウス「BSMBB23S」とUSB有線マウス「BSM…

  6. レビュー

    iPhone 7の急速充電がどれくらい速いのか試してみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。iPhone 7が急速充電に対応して…

最近の記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP