ビジネス

制作会社の周辺機器事情 第2回

社内のファイル共有にクラウドよりNASを選んだワケは?

こんにちは、カメラマンの早川です。NASの導入で、スタッフ間のデータのやり取りがスムーズになって、スタッフからの評価も上々です。実は、NASを導入するにあたって、クラウドストレージとの二択でだいぶ悩みました。今回の「制作会社の周辺機器事情」は、クラウドよりNASを選んだ理由を紹介します。

大容量データが速くコピーできるのはNAS

制作会社で扱うデータは、とにかくファイルサイズが大きく、500MBや1GBのデータもざらにあります。そういったファイルサイズが大きいデータの共有は、コピーに時間がかかると、送る側と受ける側で最低でも二人のスタッフが時間をロスすることになるので、「データの転送が速い」というのは、大きな選択理由となります。例えば、同じファイルのコピーにかかる時間が1分と10分だったら、合計で18分のロスが出ます。

実際に、2GBくらいのデータをNASとメジャーなクラウドストレージにコピーしてみました。動画や画像を含むデザインデータです。

使用したクラウドサービスは「Box」「OneDrive」「Dropbox」「Google ドライブ」の4種類、NASは前回紹介した「TS3410DNシリーズ」です。結果は、約40秒でコピーが終わったNASの圧勝。Google ドライブは約3分でコピーが完了しましたが、残りのクラウドストレージはどれも10分以上かかりました。

■2GBくらいのデータコピーにかかった時間

容量とコストを比較してみた

実際、10人のスタッフでデータ共有とバックアップを行う場合どれくらいの容量が必要でしょうか。例えば10人のスタッフでで500MBや1GBのファイルを共有してバックアップデータを保存しようと思うと1TBくらいの容量はすぐにいっぱいになります。

今回の導入にあたっては、「TS3410DNシリーズ」が3年保証なので、3年間でコストを算出して比較しました。

容量単価で比較すると、容量無制限のクラウドサービスに軍配が上がります。

次にコストで比較してみます。12TBモデルの「TS3410DNシリーズ」が166,612円で、1年あたり56,000円程度なのに対して、容量無制限のプランでクラウドサービスを使った場合、一番低価格の「OneDrive」で年間64,800円なので、3年間で比較するとNASが一番経済的です。また、クラウドサービスは利用人数に比例して費用が上がっていきます。

無料もしくは容量制限が少ないプランのクラウドサービスは、企業の長期的なデータ共有には向いていないことがわかります。

■ストレージの容量と費用(スタッフ10人、3年間使用の場合)

※価格やサービスの内容は2016年12月現在の情報です。
※3年保証にはデータのバックアップは含まれません。

 

NASの導入は難しくない

PCに直接つなぐ一般的な周辺機器と違って、「ネットワークにつなぐHDD」というとなんだか導入が難しそうな気がしますよね。もちろん、つなぐだけで使えるというわけではありませんが、実は設置も接続も初期設定も意外に簡単です。
1.NASを接続する
NASを既存のネットワークにLANケーブルで接続します。

2.初期設定を行う
付属のソフトウェア「NAS Navigator2」をダウンロードしてNASを接続したネットワーク内のPCにインストールします。インストールするPCは1台だけでOKです。次に「Web設定画面」を開いて導入ガイドに従って設定します。

▼TS3410DNシリーズ導入ガイド
http://manual.buffalo.jp/buf-doc/35021196-02.pdf

以上で、設定は完了です。

NASは、データ転送が高速で大容量、データ共有だけでなくPCのバックアップも可能です。一方クラウドは、アカウントを作成するだけですぐに使える、容量が無制限、スマホやタブレットでもデータを共有できるし、外出先でもデータにアクセスできるといったメリットがあります。
3年間という期間で考えればコストにさほど違いはないので、その理由では悩みませんでした。主に社内でファイルサイズの大きいデータを共有したい、ついでにPCもバックアップしたいというポイントを検討材料にしたら、残った選択肢はNASでした。それが、クラウドではなく、NASを選んだ理由です。ちなみに、外部スタッフとのデータ共有にクラウドストレージを使っていて、用途に応じて使い分けるのがオススメです。(NASのモデルによっては、フォルダーの同期も可能です)
目的と用途にあったストレージを選択しましょう。

 

▼TS3410DNシリーズ(法人向けNAS)
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01LR8MA42?
製品情報:http://buffalo.jp/product/hdd/pro-network/ts3410dn/

関連記事

  1. ビジネス

    制作会社の周辺機器事情 第1回

    NASの導入で社内の大容量データも共有。チームの作業効率がアップこ…

  2. ビジネス

    制作会社の周辺機器事情 第5回

    NAS(TeraStation)に保存したデータをユーザーごとにアクセ…

  3. ビジネス

    制作会社の周辺機器事情 第3回

    スタッフ全員分のパソコンをNAS(TeraStation)にバックアッ…

  4. ビジネス

    制作会社の周辺機器事情 第4回

    複合機でスキャンしたデータを共有するならNASの活用がおすすめこん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
PAGE TOP