レビュー

Raspberry Piを使って自分で作れるIoT!「玄人志向 自作IoTプロジェクト」開封編

2015年ごろから話題になっている「IoT」。これは「Internet of Things」の略語で、「ものとインターネットをつなげること」を意味しています。最近では、GoogleやIBM、Microsoftといった大手企業も続々とIoTを使った事業に参入し始めたことも話題になりました。

では、「IoT」とは実際にどのようなものでしょうか。身近にもすでに「IoT」を使ったグッズやサービスはあり、例として次のようなものが挙げられます。
• 忘れ物をしたらスマホに通知がくる(mamorio
• スマホから鍵を開けられて、鍵をインターネット経由で共有できる(Akerun
• 健康管理ができるブレスレットを身につけて、アプリから睡眠時間や1日のアクティビティー量といったデータを確認できる(FitBit

私たちの生活の身近にあるIoTを作ってみたい。そんなことを思っていたら、PC周辺機器ブランドの「玄人志向」がIoTの自作を体験できるスターターキットを出していることを知りました。

その名も、「玄人志向 自作IoTプロジェクト」。A4サイズのボックスに指南書とキットが入っています。

箱の裏面にはこのような説明書きがありました。IoTとは「ものとインターネットをつなぐこと」ですが、IoTを自作で体験する人たちの間では小さなコンピューター「マイコンボード」がよく使われます。ArduinoやRaspberry Piといったものが広く使われていますが、今回のキットにもRaspberry Piが入っていました。

そんなRaspberry Piを使って、今回のキットでは「 パソコン(もの)とインターネットをつなぎ、遠隔から電源ONにできる」とのことです。応用すれば、家電を遠隔から操作できるようにして、スマートハウス化もできるのかも? ということで、さっそく挑戦してみようと思います。

まずはキットを開けてみます。

お道具箱サイズのキットの中には、このようなものが入っていました。マイコンボードの「Raspberry Pi 2B」もセットに入っていますね。Raspberry Pi 2Bを動かすためのツールと、ケーブルやジャンパーワイヤーといった電子パーツが主なキット内容となっています。

15ページほどの説明が書かれた「玄人指南書」も付いてきました。ざっと読んでみましたが、指南書の通りに進めれば問題がなさそうなほど、情報が簡潔にまとめられています。

指南書の最初のページに書かれていたのは、キットに入っているアイテムのリスト。せっかくなので、これに沿ってすべてのアイテムがあるかを確認していきましょう。

 

電子工作パーツ

まずは、プラスチックのケースに入っていたこちら。基本的な電子パーツが揃っています。

 

センサー類

センサーモジュールも付いてきていました。湿温度センサーやブザーセンサーといった、電子工作初心者でも扱いやすいパーツも入っています。

 

Raspberry Piとそれを動かすためのツール類

これらはRaspberry Pi 2を動かすためのパーツですね。専用のケースも付いてきています。

MicroSDは、8GBと十分な容量です。動作スピードもclass10なので問題ないです。

マイコンボード「Raspberry Pi 2B」を箱から取り出してみました。名刺や写真右下のポイントカードほどの大きさで、手のひらに収まるサイズです。これはもともとイギリスの「ラズベリーパイ財団」が作った、教育のための小さなコンピューターのようなものなんです。
• USPポート 4つ
• GPIOピン 40本
• HDMIポート
• Ethernetポート(LAN端子)
• MicroSDカードスロット
といったものが搭載されています。(詳細は公式サイトからどうぞ)
一通りのアイテムが確認できました。

まずはケースを付けてみます

指南書によると、今回のキットでは4段階のステップがあるそうです。
• Raspberry Pi 2 のケースへの取り付け
• Raspberry Pi 2 のセットアップ
• Blynkクラウドサービスの準備とGPIOの動作確認
• IoT活用例(*応用編)
さっそくケースをつけてみます。

こちらの案内を参考にケースを付けてみます。写真入りの細かな説明があるため、迷わずにサクサクと作業が進められます。

ケースにRaspberry Pi 2Bを入れ、四隅をドライバーを使ってネジで固定します。

付属されていた2つのヒートシンクは「任意で」と書かれていましたが、Raspberry Piの発熱を抑えたいのでつけてみました。

あとは蓋をするだけで、さくっと終わりました!

 

次回は「Raspberry Piのセットアップ」

• Raspberry Pi 2 のケースへの取り付け
が終わったので、残りはこちらの3ステップ。
• Raspberry Pi 2 のセットアップ
• Blynkクラウドサービスの準備とGPIOの動作確認
• IoT活用例(*応用編)
次回は、今回ケースを取り付けたRaspberry Piのセットアップです。モニターにつないで早速動かしていきますよ。

▼ 玄人志向 自作IoTプロジェクト「KURO-IOTEXP/KIT」
製品情報:http://www.kuroutoshikou.com/product/others/others_iot/kuro-iotexp_kit/

関連記事

  1. レビュー

    自動で機器を判別するUSB充電器でAndroidスマホも急速充電できました

    こんにちは、カメラマンの早川です。今まで、Androidのスマ…

  2. レビュー

    iPhone 7の急速充電がどれくらい速いのか試してみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。iPhone 7が急速充電に対応して…

  3. レビュー

    テレビでHDDに録画した番組をパソコンでも楽しむ

    こんにちは、カメラマンの早川です。テレビやレコーダーにつないだHDDへ…

  4. レビュー

    ペン先2.6mmの電池式スタイラスペンで、娘の学習意欲がアップしたぞ!

    こんにちは、カワウソ大好き生出です。職業柄ガジェットが家に溢れ…

  5. レビュー

    故障予測サービス「みまもり合図」を使ってみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。ハードディスクの健康状態判定を通…

最近の記事

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP