分解・自作

USB3.1 Gen2搭載、高速・薄型ポータブルSSDの中身を覗いてみる。

こんにちは、snappiです。2017年最初の「分解!バラしてガッテン!」は、ポータブルSSD。「SSDってなに?」という方のためにご説明させていただきますと、SSDとは「ソリッド・ステート・ドライブ」の略。HDD(ハードディスク)と同じように、データを保存するための記憶装置です。ディスクではなくメモリチップに情報を記録することで、読み書きをより高速化したものです。

そのSSDに、最新の高速インターフェースUSB3.1 Gen2を組み合わせて、リード時約503.5MB/s・ライト時約480MB/s(※1)の高速読み書きを実現したのが、今回のバラシターゲット「SSD-PUSU3」。HDDとUSB3.0を組み合わせたポータブルHDD「HDD-PUSU3」と比べると、なんと約4.1倍の差です。実は僕、まだSSDを使ったことがないんですよね。これを使ったら、ファイルを開くのもコピーするのも速いだろうなぁ〜。

一度試してみたいと思いながら、ずるずると今日に至ってしまった僕にとって、これはSSDに触れるまたとないチャンス。いやあ、ワクワクします。個人的には今までで最も興味津々の分解レポート、スタートです!

(※1)
【測定環境】 SSD:SSD-PUS960U3 HDD:HD-PUS500U3 PC:GA-Z77MX-D3H-TH(Microsoft Windows 10 Pro 64bit) I/Fカード:AsRock USB 3.1_A+C Card(USB 3.1 Gen2接続にて測定) ベンチマークソフトウェア: Crystal Disk Mark 5.1.2
【測定方法】SSD-PUSU3をI/Fカードへ接続(Type-Cケーブル使用)。HD-PUSU3をマザーボードのUSBポートへ接続。ベンチマークソフトウェアでシーケンシャルリード/ライトの転送速度を測定。(2016年10月 当社調べ)
※グラフの値はあくまで特定のテスト環境で得られた結果であり、必ずしも全ての動作環境で同様の結果が得られることを保証するものではありません。

*    *    *

分解!バラしてガッテン! ―SSD-PUSU3シリーズ

分解用に渡されたのは「SSD-PUS240U3-S」。シリーズで一番容量が小さい240GBのシルバーモデルです。バッファローダイレクトで税込み18,144円(2017年1月14日時点)ナリ。2010年に発売した「SHD-PEH256U3-B」は、同じ容量で当時約10万円! 6年の間にずいぶんお手頃価格になったものですね。

サイズは79×115×8.8mm。8.8mmというのはなかなかの薄さです。重さも100gと、カバンに入れていることを忘れてしまいそう。アルミのボディーは、アルマイト加工によって薄さと強度を両立したのだそうです。見た目も美しいですね。さらに強度を保つためでしょうか、縁に樹脂製の枠が付いています。

これをバラしていくわけですが、今回の製品も隙間がほとんどありません。アルミケースと枠がぴったりと合わさっています。うわ!まじか!今度こそ本当に無理かもしれない!

…と思ったんですが、僕にはコジアケくん※という強い味方がいます。わずかな隙間に無理矢理差し込んでみたら、意外と簡単に外れてくれました。アルマイト加工のおかげか、アルミケースはほぼ無傷。よっしゃ!

※コジアケとは、腕時計の裏蓋を外すための工具。この分解コラムでたびたび活躍し、すでに定番アイテムとなっています。

上下のケースを外すと、プラスチックの枠に固定された内蔵SSDが現れます。ケースの内側には、銀色のテープと黒いテープと両面テープが貼られていました。銀色のは電磁波を防止するためのシールドテープで、黒いのは薄いケースの強度を高めるためのゴムテープ。両面テープは、SSDを固定するというより、ケースが外れにくくするためのものではないかと思われます。

そしてこれがSSDです。シンプルな黒い四角い箱で、HDDのようなメカ感は皆無。2.5インチ、256GB、SATA3.0…これ以上の詳細については大人の事情にて控えさせていただきます。 m(_ _)m

SSDのSATA端子には、USB3.1端子に変換する小さな基板が取付けられていました。USB3.1 Gen2は、最大転送速度が10Gbps(規格値)。USB3.0と比べてより安定したデータ転送が可能になりました。

たまたま部屋に転がっていた2.5インチのHDDをSSDの横に並べてみました。実はこれもバッファローの古いポータブルHDDから抜き出したもの。容量はたったの80GB(当時はこれでもそこそこの容量だったんですけどね〜)。当然ですが、大きさはほぼ同じです。

このSSDの中はどうなっているんだろう!?とよからぬ衝動にかられましたが、SSD自体は他メーカーさんの製品。ここで分解するわけにはいきません。後ろ髪をひかれつつ、今回はこれにて終了。ハイ、ポーズ!

▼SSD-PUSU3シリーズ
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01MFCX5WP
製品情報:http:// buffalo.jp/product/ssd/external/ssd-pusu3/

※この記事は製品の中身をご紹介するもので、分解を推奨するものではありません。この記事を参考に製品を分解したために生じた破損・故障等の損害に関してはご対応いたしかねますので、予めご了承ください。
※お客様がご自身で分解された場合、保証期間内でも保証が無効になりますのでご注意ください。
※この記事はSSD-PUS240U3-Sに関するもので、全ての製品に共通する内容ではありません。
※この記事に関する個別のご質問・お問い合わせにはお答えできません。
※製品の仕様は予告なく変更する場合があります。

関連記事

  1. 分解・自作

    マウス作ってみました。

    今日は「自分だけの周辺機器を作ってみたい!」と、そんな望みをかなえるた…

  2. 分解・自作

    Wi-Fi接続ポータブルHDDの中身を覗いてみる。

    こんにちは、snappiです。「分解!バラしてガッテン!」今回のバラシ…

  3. 分解・自作

    AUTO POWER SELECT搭載・大容量モバイルバッテリーの中身を覗いてみる。

    こんにちは、snappiです。「分解!バラしてガッテン!」第4弾は、モ…

  4. 分解・自作

    テレビ録画専用外付けHDDの中身を覗いてみる。

    こんにちは、snappiと申します。以前、Mac改造サイトの管理人をし…

  5. 分解・自作

    デジタル・フォトアルバム「おもいでばこ」の中身を覗いてみる。

    こんにちは、snappiです。前回の「テレビ録画専用外付けHDDの中身…

  6. 分解・自作

    「心地よい」をカタチにしたBluetooth®対応マウスの中身を覗いてみる。

    こんにちは、snappiです。「分解!バラしてガッテン!」5つめのバラ…

最近の記事

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP