レビュー

ビデオテープの動画をデジタル化していつでもテレビで楽しめるようにする

こんにちは、カメラマンの早川です。

前回に続いて、よく一緒に仕事をする知人から、デジタル化した映像をテレビに映して家族で楽しみたいという相談を受けました。

ということで今回も、ビデオテープを預かってデジタル化してみます。さらに今回は、デジタル化した映像を、パソコンでなくテレビで気軽に楽しめるようにするために、ネットワークHDD(NAS)に保存してテレビで再生してみます。

毎度のことですが、人の思い出を扱うのは緊張します。間違って上書きしないように書き込み禁止にして作業します。

▽前回の記事:テープに残した大切な思い出をデジタル化
http://topics.buffalo.jp/?p=906

ビデオテープに保存した映像の取り込みに使った製品は、前回と同じ「ビデオキャプチャー(PC-SDVD/U2G2シリーズ)」です。大切な映像をデジタル化するための製品で、ビデオカメラとパソコンをつないで動画をとりこめます。さらに付属のソフトを使ってDVDを作ったり動画を変換できます。

テレビで見るためには、テレビをネットワークに接続し、さらに同じネットワークにネットワークHDDを設置します。今回はネットワークHDDはバッファローの「LS210DCシリーズ」、テレビは「東芝製REGZA(50J7)」を使いました。
※再生機器がDLNA及びDVD-Videoの再生に対応している必要があります。

▽PC-SDVD/U2G2シリーズ
http://buffalo.jp/product/multimedia/capture/pc-sdvd_u2g2/

▽LS210DCシリーズ
http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls210dc/

▽東芝REGZA 50J7(2012年製)
http://www.toshiba.co.jp/regza/lineup/j7/

機器の接続&ソフトのインストール

まずは同梱されているCD-ROMをパソコンにセットして「PC-SDVD/U2G2」のドライバーをインストールします。


面の指示にしたがって、本体をパソコンに接続します。


次に、本体とビデオカメラのAVケーブルを同梱されているケーブルで接続します。

「セットアップ完了」の画面が表示されたら、パソコンを再起動します。

次に、ビデオカメラの映像をパソコンにとりこんでデジタル化するためのソフトウェアをインストールします。

これで、ビデオテープをデジタル化するための準備は完了です。

 

ネットワークHDDを接続する

続いて、ネットワークHDDを接続します。ルーターの空いているポートにLANケーブルを挿します。

LANケーブルの反対側をネットワークHDDに接続し、電源ケーブルを挿します。ネットワークHDDの背面の電源スイッチをONにします。

マニュアルに沿って、ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

 

ネットワークドライブを割り当てる

動画をとりこむ際に、ネットワークHDDに直接保存できるように、「ネットワークドライブの割り当て」を設定します。直接保存すると、パソコンの容量に余裕がないノートパソコンでも容量を気にせずとりこみができます。
※Windowsパソコンの場合に限ります。


「ネットワークドライブの割り当て」を設定すると、パソコンのドライブ一覧に表示されるので、USBハードディスクと同じような感覚で利用できます。表示されたネットワークHDDの共有フォルダを開いて、動画をとりこむためのフォルダを作成します。今回は「movie」というフォルダを作成しました。

 

テープの映像をデジタル化

先ほどインストールした、ソフトウェアのアイコンをダブルクリックして、ソフトを起動します。
設定ボタンをクリックして出力フォルダをネットワークHDDに設定します。

デジタル化したいテープをビデオカメラにセットして再生します。再生すると、ビデオカメラで再生中の映像がパソコンにも表示されます。「録画ボタン」をクリックするとテープの映像がネットワークHDDにとりこまれます。再生・巻き戻し・早送りなどの操作はビデオカメラ側で行います。

無事にネットワークHDDに書き出すことができました。

ネットワークHDDをテレビに登録する

今回使用するテレビは東芝REGZAの2012年モデルです。ネットワークHDDに保存した動画をテレビで楽しむためには、テレビがネットワーク接続とDLNA対応、DVD-VIDEOの再生に対応している必要があります。
まずは、リモコンの「設定」ボタンを押します。

「接続機器設定」→「LANハードディスク」の登録を選択します。


ネットワーク上のDLNA対応機器が一覧表示されるので、今回接続した「LS210」に合わせて、リモコンの「決定」ボタンを押します。これで、テレビの設定は完了です。「LS-WVL」は別の用途で使用しているネットワークHDDです。

 

ネットワークHDDに保存した動画をテレビで楽しむ

リモコンの「クラウドメニュー」ボタンを押すと、ネットワークサービスの画面が表示されます。
画面上部のタブを「ツール」に合わせて、「メディアプレーヤー動画」を選択します。

テレビに登録済みのDLNA対応機器の一覧が表示されるので、「LS210シリーズ」を選択し、動画を保存したフォルダを選択すると、とりこんだ動画の一覧が表示されます。

無事に再生できました♪自分たちが生まれる前の、親戚のお兄ちゃんを見て娘たちは大喜びです。

昔の映像は、味があって成長した感を演出してくれますね(^o^)
ビデオテープで撮りっぱなしの映像をお持ちの方にオススメです。

※規格や再生できるデータの種類はお手元の取扱説明書もしくはテレビメーカーのWebサイトにてご確認ください。

▽PC-SDVD/U2G2シリーズ
http://buffalo.jp/product/multimedia/capture/pc-sdvd_u2g2/

▽GoogleでLS210DCシリーズの詳細や価格を検索
https://goo.gl/4Cfw6q

▽LS210DCシリーズ
http://buffalo.jp/product/hdd/network/ls210dc/

▽GoogleでLS210DCシリーズの詳細や価格を検索
https://goo.gl/MwJkHB

関連記事

  1. レビュー

    テープに残した大切な思い出をデジタル化

    こんにちは、カメラマンの早川です。職業柄、写真や動画についてこ…

  2. レビュー

    iPhone 7の急速充電がどれくらい速いのか試してみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。iPhone 7が急速充電に対応して…

  3. レビュー

    Wi-Fiルーターの交換が簡単にできました!

    こんにちは。カメラマンの早川です。我が家にもいよいよ最新のWi-Fiル…

  4. レビュー

    故障予測サービス「みまもり合図」を使ってみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。ハードディスクの健康状態判定を通…

  5. レビュー

    カラーバリエーションだけじゃない! ノック式USBメモリー「RUF3-KS」

    今回ご紹介するUSBメモリー「RUF3-KS」は、機能性はもちろんのこ…

  6. レビュー

    親も安心、子どものインターネットが安全になりました!

    こんにちは。カメラマンの早川です。昨今の子どものデジタル機器事情は、私…

最近の記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP