レビュー

テープに残した大切な思い出をデジタル化

こんにちは、カメラマンの早川です。

職業柄、写真や動画についてこういう時はどうすればいい?という相談をよく受けます。
今回は、よく一緒に仕事をする知人から、最近ビデオカメラの調子がよくないので、ビデオテープに残してある子どもの動画を安全にコピーしたいという相談を受けました。

ということで今日は、ビデオテープを借りて、デジタル化してみます。
ビデオテープなのでカメラのヘッドにテープが噛んだら人の大切な思い出が終了するという緊張感の中の作業です(笑)


今回使った製品はこちらの「ビデオキャプチャー」。
パッケージに書いてある通り「大切な映像をデジタル化」するための製品です。
ビデオカメラとパソコンをつないで動画をとりこむ機器とケーブル、さらに変換やDVDの作成までできるソフト付きです。

早速、接続の手順からご紹介します。

機器の接続&ソフトのインストール

 

箱の中に入っているのは、動画をキャプチャーするための機器とビデオカメラと接続するケーブル、とりこんだ映像の変換などに使うソフトのCD-ROMです。


パソコンにCD-ROMを入れると、セットアップ画面が表示されます。まずは、「PC-SDVD/U2G2」のドライバーをインストールします。PC-SDVD/U2G2ドライバーのインストールを選択して、「開始」を押します。


画面の指示にしたがって本体をパソコンに接続。


次に、製品をUSBポートに接続して、ビデオカメラのAVケーブルと付属のケーブルを接続します。

この画面が出たら「再起動」して、ドライバーのインストールは完了です。

次にビデオカメラから動画をとりこみiPhone等で再生できる動画形式に変換するためのソフトウェアをインストールします。
画面に従って進めるだけで、インストールは簡単にできます。

テープの映像をデジタル化

先ほどインストールした、ソフトウェアのアイコンをダブルクリックして、ソフトを起動します。

ソフトが起動したら、設定ボタンを押して、ビデオ入力機器を「PC-SDVD/U2G」に変更して「OK」を押します。

デジタル化したいテープをビデオカメラにセットして再生します。

再生すると、ビデオカメラで再生中の映像がパソコンにも表示されます。ちなみに、再生・巻き戻し・早送りなどの操作はビデオカメラ側で行います。


録画ボタンを押すと、動画のキャプチャーを開始します。

iPhone等で観られる動画形式に変換する

とりこんだ動画を選択して、選択したファイルの上で右クリックをします。


「書き出し」→「iPod」を選択します。この形式で保存しておけばiPhoneでも観られます。
書き出しウィンドウが表示されたら、ビデオ設定を「720×480/30fps/3000kbps」に変更して、「開始」ボタンを押します。
そしてしばらく待つと先ほど選んだ「出力フォルダ」の中にMP4ファイルが現れて完了です!

テープがダメになる前に、ぜひお試しください。

▽PC-SDVD/U2G2シリーズ
http://buffalo.jp/product/multimedia/capture/pc-sdvd_u2g2/?fb

関連記事

  1. レビュー

    カラーバリエーションだけじゃない! ノック式USBメモリー「RUF3-KS」

    今回ご紹介するUSBメモリー「RUF3-KS」は、機能性はもちろんのこ…

  2. レビュー

    家に遊びに来たお客さんに安心して使わせられるフリーWi-Fiを用意する

    こんにちは。カメラマンの早川です。我が家は、月に2〜3回程度の頻度で、…

  3. レビュー

    Surface Pro 4の2つの弱点をまとめて解消

    こんにちは、カメラマンの早川です。最近、出張が増えてきたのです…

  4. レビュー

    テレビまわりのゴチャゴチャを解消。ポータブルハードディスク用テレビ背面取り付けキット。

    こんにちは、フリーライターの小宮山勝利です。最近のテレビは、番組録…

  5. レビュー

    ビデオテープの動画をデジタル化していつでもテレビで楽しめるようにする

    こんにちは、カメラマンの早川です。前回に続いて、よく一緒に仕事…

  6. レビュー

    故障予測サービス「みまもり合図」を使ってみた

    こんにちは、カメラマンの早川です。ハードディスクの健康状態判定を通…

最近の記事

  1. 普通教室でIT授業
  2. TeraStation15周年イベント
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP